家政学部学科紹介

服飾文化専攻

カリキュラム

科学と文化の両面から「衣生活」への理解を深めます。

ファッション産業に求められる新しい知識と技術を、生活文化、服飾文化、材料・加工・整理、 企画・造形、ファッション、流通・情報・環境の各分野のカリキュラムを通して業界の仕組みとともに体系的に学習。 被服の本質および衣生活上の諸問題について科学と文化の両面から追求していきます。

カリキュラムチャート[pdf:177kb]
1年次
家政学と服飾文化の学習に必要な基礎的知識を学ぶ
学部共通教養科目

化学Ⅰ
化学Ⅱ
有機化学Ⅰ
生物学Ⅰ
数学
統計学
経済学
社会学Ⅰ
社会学Ⅱ
歴史Ⅰ
歴史Ⅱ
法学概説
日本国憲法
哲学Ⅰ
哲学Ⅱ
心理学Ⅰ
心理学Ⅱ
美術

美術史Ⅰ
美術史Ⅱ
生活文化論
英語Ⅰ
英語Ⅱ
英会話Ⅰ
英会話Ⅱ
仏語Ⅰ
仏語Ⅱ
中国語
日本語基礎
国語表現法
スポーツ
スポーツ身体科学
武道
スタディスキルズ
ライフデザイン

家政学部基幹科目

家政学原論
家族関係学

家庭経営学(家庭経済学を含む)

服飾文化専攻科目

地域文化論
被服学
スタートアップソーイング
被服造形基礎PMⅠ
被服造形基礎PMⅡ
ファッションデザイン
被服機構衛生学
被服平面造形学

被服繊維学
被服繊維学実験
被服材料学
ファッションビジネス実務実習
基礎調理学実習Ⅰ
基礎調理学実習Ⅱ

2年次
実習や研修を通して各専門分野の基礎的知識を学ぶ
学部共通教養科目

有機化学Ⅱ
地球環境学Ⅰ
地球環境学Ⅱ

情報基礎学
キャリア開発Ⅰ
キャリア開発Ⅱ

服飾文化専攻科目

消費生活論
社会福祉論
服飾文化論
服飾史Ⅰ
服飾史Ⅱ
色彩学
被服造形実習Ⅰ
被服造形実習Ⅱ
アパレルCADⅠ
アパレル設計・生産論
被服平面造形実習Ⅰ
被服平面造形実習Ⅱ
服飾工芸・造形(服飾手芸)Ⅰ
服飾工芸・造形(服飾手芸)Ⅱ

被服材料学実験
被服整理学
被服整理学実験
染色加工学
ファッションビジネス論
ファッション販売論
被服心理学
食品学総論
基礎栄養学
食生活論
学校保健(学校安全及び救急処置を含む)
衛生学
家政特別講義Ⅰ
家政特別講義Ⅱ

3年次
各分野の専門科目の学習を通し実践的な応用力を深める
学部共通基礎科目

キャリア開発Ⅲ
キャリア開発Ⅳ

キャリアサポートⅠ

服飾文化専攻科目

被服造形実習Ⅲ
アパレルCADⅡ
ファッションデザイン画
アパレル生産実習
ドレーピング
染色加工学実験
染色学実習
テキスタイルデザインⅠ
マーケティング論
ケーススタディ
情報処理Ⅰ
情報処理Ⅱ

ブランドマネジメント演習
コーディネート論
アパレル感性工学
食品学各論
栄養生化学
家庭電気機械
住居学(製図含む)
保育学(実習及び家庭看護を含む)
小児保健
家政特別講義Ⅲ
課題研究Ⅰ

4年次
専門分野のまとめ「課題研究」に取り組み、総合力を養う
学部共通基礎科目

生物学Ⅱ

キャリアサポートⅡ

服飾文化専攻科目

アパレル企画設計演習
服飾工芸・造形(織物)Ⅲ
テキスタイルデザインⅡ
調理科学論
食文化論

住文化論
住居デザイン
家政特別講義Ⅳ
課題研究Ⅱ

家庭科教諭免許状取得に必要な科目

教職概論、教育原理、教育心理学、教育制度論、教育課程論、家庭科教育法Ⅰ、家庭科教育法Ⅱ、道徳教育の研究、特別活動の研究、教育方法論、生徒指導の理論と方法A、教育相談、教育実習Ⅰ又はⅡ、教職実践演習(中・高)
※この他、専攻科目の中で教科に関する科目の必修・選択科目を履修すること

学芸員の取得に必要な科目

生涯学習概論、博物館概論、博物館経営論、博物館資料論、博物館資料保存論、博物館展示論、博物館情報・メディア論、博物館教育論、博物館実習Ⅰ、博物館実習Ⅱ
※この他、科目の中で必要な選択科目を履修すること

授業風景

  • スタートアップソーイング

    lesson_01b

    手縫いとミシン縫いの基礎、布地や糸の性質等について理解を深める授業です。

  • 被服材料学実験

    lesson_02b

    実験を通して被服材料の性能を理解し、さまざまな分野への応用をめざします。

  • アパレルCAD Ⅱ

    lesson_03b

    コンピュータ上でさまざまな形態の型紙を作成・応用できる実力を身につけます。

  • ブランドマネジメント演習

    lesson_04b

    事業計画からプロモーション、展示販売に至るまで学生自身が行う実践的な演習です。

  •