Contents Menu

「ワクワクぷろじぇくと」、活動しています。

学生たちが、学んだ知識を持って街へ飛び出します。

街の人が暮らしに求めるものを思いめぐらせながら人々の声にヒントを得ながら教員・学生がアイディアを持ち寄り、 大切に大切に、かたちにしていく。

自分が学んだ知識は、現場でどのように活かせるのか。
自分に足りないスキルはなにか。
学生にとっても、社会の中で気づきを得られる貴重な機会です。

活動の様子は随時、「大学・短大公式フェイスブックページ」で紹介しています。

Facebookページはこちら

暮らしワクワク設計チーム

「東北の暮らしと文化を豊かにしよう」これが、東北生活文化大学・短期大学部のずっと大切にしてきた思いです。それは難しいことのように思えるかもしれません。でも、チームでがんばれば、できる。私たちはそう信じています。
「ファッション」「食」「アート」「保育・教育」。
いま、好きな学びにワクワクするみんなは、ここで知識を得て、技術を磨き、こんどは、誰かの暮らしをワクワクさせるために動きだしています。

暮らしワクワク設計チームとは

本学では、学んだ知識やスキルをフルに活かし、地域の生活向上をめざした「暮らしデザイン活動」を行っています。活動は学生・先生・その他関係者が一体となって進め、実践的に暮らしをデザインする力を高めていきます。「これからのまちのために、希望に満ちた楽しい暮らしを、仲間と地域の皆さんと一緒に創り出したい」という思いが込められています。

ワクワクぷろじぇくと活動中

「ワクワクぷろじぇくと」とは、各学科の学生と教員がタッグを組み、専門分野を生かして“まちに住む人がワクワクできるようなプロジェクト”です。
平成24年度からの3年間で、「ワクワク100ぷろじぇくと」として、目標の100個以上を達成し、世の中に送り出してきました。今後は、これらを糧にさらに進化した「ワクワクぷろじぇくと」として継続していきます。
まちの人が暮らしに求めるものを思いめぐらせながら、人々の声にヒントを得ながら、学生・教員がアイディアを持ち寄り、大切にカタチにしていく。学生にとっても、社会の中で気づきを得られる貴重な機会です。

手軽に簡単料理教室2012

健康栄養学専攻

味の素株式会社さんと協力し、キッチンカーを仮設住宅に持ち込んで、簡単料理教室を行いました。

仙台市八木山動物公園写生大会

生活美術学科

毎年恒例の市内の幼児及び小・中学校の児童・生徒を対象とした写生大会(八木山動物公園)において、絵画指導の学生ボランティアを派遣しています。

ボランティアグループリーダーズカフェ「いずみボラカフェ」2012

子ども生活専攻

ボランティアアドバイザーと学生の対話を通じて、ボランティア活動への関心と理解を深めました

虹の丘サマースクール「泥だんごあそびを楽しもう!~ピカピカだんご作りに挑戦~」

子ども生活専攻

虹の丘児童センター主催のサマースクール。内容としては、子どもたちと一緒に泥遊びをしながら、ピカピカ泥だんごを作るというもの。

風鈴の絵付け

生活美術学科

仙台市ボランティアセンター復興支援「EGAO(笑顔)せんだい」サポートステーション主催の、被災者(主に市の借上げ住宅に居住の者)を対象とした「風鈴の絵付け」イベントで、来場者に対して技術指導を行いました。

荒浜保育所仮設舎壁画制作

生活美術学科

仮設の亘理町荒浜保育所外観。 保育所の先生方の似顔絵やイチゴの花をモチーフに壁画を制作しました。

亘理仮設支援×大学生ミーティング ~学生のアイディアと力を亘理の復興に~

健康栄養学専攻

亘理の仮設住宅のカフェに、手作りケーキやクッキーを持参し、子供たちとの交流会を行いました。

石巻アート支援プロジェクト

生活美術学科

避難所に住む子どもたちと一緒に身体を動かしながら、 さまざまな画材を使ってアート作品を作り上げました。

南三陸町志津川番屋ウォールペインティングプロジェクト

生活美術学科

「海」、「漁」をモチーフに鮮やかな壁面を制作。教室では得られない貴重な体験学習となりました。

仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602