Contents Menu

氏名 栗山 孝雄
所属 家政学部 家政学科
職名 教授
学位 博士(人間科学)
専門分野 公衆栄養学/衛生学・公衆衛生学
主な担当教科 公衆栄養学/公衆栄養学実習/公衆栄養学臨地実習Ⅰ・Ⅱ/地域栄養活動演習Ⅰ・Ⅱ/保健栄養学/課題研究

研究題目

  1. ライフスタイルが健康や食生活に及ぼす影響に関する研究
  2. 大学生の食生活やライフスタイルが健康に及ぼす影響に関する研究

最近の主な業績

Ⅰ.研究活動

著書・論文等の名称 単著・共著 発行又は発表の年月(西暦) 発行所、発表雑誌(及び巻、号数)等の名称 共著者名 掲載頁
ディープ・アクティブラーニングを目指した公衆栄養学演習の試行 単著 2019年2月 東北生活文化大学・東北生活文化大学短期大学部紀要 第49巻 67-70
(学会発表)
公衆栄養学実習の授業内容と今後のあり方について
単著 2019年2月 平成30年 第53回宮城県栄養士研究大会 抄録集10-11
地域住民を対象とした公衆栄養学に関する情報発信の試み 単著 2018年3月 東北生活文化大学・東北生活文化大学短期大学部紀要 第48巻 77-81
公衆栄養学実習の教育内容・方法の改善に関する検討 共著 2017年3月 東北生活文化大学・東北生活文化大学短期大学部紀要 第47巻 南城絵美
加藤ゆき
松本有紀子
61-67
(学会発表)
栄養系大学生の外食や中食の利用状況について
共著 2016年8月 第26回体力・栄養・免疫学会大会 村上真里菜
齋藤瑞生
第26回体力・栄養・免疫学会抄録集27
第5章 生活習慣病の予防と健康増進
A 栄養と食生活
1.主な栄養素のはたらき
2.栄養と健康
共著 2016年4月 杏林書院、21世紀の予防医学・公衆衛生 第3版 町田和彦
岩井秀明
72-82
地域栄養活動演習の教育内容・方法の改善に関する検討 単著 2016年3月 東北生活文化大学・東北生活文化大学短期大学部紀要 第46巻 97-104
(学会発表)
大学生の昼食摂取状況について
共著 2015年8月 第25回体力・栄養・免疫学会大会 今井友香
加賀屋あきほ
体力・栄養・免疫学雑誌25(2), 149-150
(学会発表)
高校運動部における水分補給と熱中症の実態について
共著 2014年
9月6日
第62回 東北学校保健学会 坂本 健
高橋秀平
稲村理紗
東北学校保健学会誌62、46-47
Prevalence of multiple risk factors and effect of lifestyles on these factors in young Japanese workers. 共著 2009年9月 Journal of Physical Fitness, Nutrition and Immunology, 19(1) Takahiro Usami,
Takashi Muto,
Kazumoto Kimura,
Yuichi Miwa.
3-7

Ⅱ.教育活動

教育実践上の主な業績 年月日 概要
平成29年度みやぎ県民大学「大学開放講座」
「生活と食環境」担当講義:「わが国の健康・栄養の現状と課題」
2017年9月9日 一般県民を対象とした公開講座での講義を担当した。
東北生活文化大学 平成27年度公開講座「これでよいのか?日本の若者の食事」 2015年11月28日 一般を対象とした公開講座での講義を担当した。
系統別模擬授業(出前講義)
「生活科学Ⅰ(食生活・生活文化等)」
①課題研究テーマへの講評
②模擬授業「食生活と健康」
2014年11月12日
会場:宮城県富谷高等学校(宮城県富谷町)
富谷高等学校の2年生を対象に実施。内容は、生徒がまとめた「生活科学Ⅰ(食生活・生活文化等)」に関する課題研究の企画書へのコメントとアドバイス。さらに「食生活と健康」をテーマに、現在の日本の食生活や食環境と健康とのつながりについて講義した。
系統別模擬授業(出張講義)
「食生活と健康」
2014年3月19日
会場:宮城県仙台西高等学校(宮城県仙台市)
仙台西高等学校の1~2年生を対象に授業を実施。テーマに沿った内容に仙台市の事例も交えて解説した。
出前授業「食生活と健康」 2012年11月21日
会場:石巻好文館高校(宮城県石巻市)
石巻好文館高校の1年生を対象に授業を実施。テーマに沿った内容に宮城県や石巻市の事例も交えて解説した。
出前授業「食生活と健康」 2012年9月26日
会場:村田第一中学校(宮城県村田町)
村田第一中学校の全生徒と教職員を対象に授業を実施。テーマに沿った内容に宮城県や村田町の事例も交えて解説した。
復興大学「復興のための生活構築学」 2012年8月20、21日
会場:エコキャンプみちのく(宮城県川崎町)
復興人材育成教育コースの授業科目「復興のための生活構築学」において、災害時の活動を想定できるような現場演習を1泊2日で行った。調理実習(炊き出し演習)では、被災者の栄養や対象者に合った食事、食の安全・衛生、震災後のライフラインの状況や備蓄食料の内容などを踏まえ、炊き出しを行った。
教員セミナー 発表
演題「日本人若年勤労者におけるMultiple risk factors の有病率とライフスタイルの影響」
2010年9月24日 本学FD活動の一環として、学内の教職員を対象としたセミナーで、自身の研究について発表した。
平成22年度みやぎ県民大学・開放講座
「環境と健康~21世紀の健康学~」
担当講義:「食生活と健康」
2010年9月11日 一般県民を対象とした公開講座での講義を担当した。
仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602