Contents Menu

氏名 池田 展敏
所属 生活文化学科
職名 教授
学位 博士(情報科学)
専門分野 統計物理学/確率過程論
主な担当教科 統計学/栄養情報処理演習/コンピュータサイエンス概論/数学基礎演習

研究題目

  1. 複雑なネットワーク構造の自発的形成モデルに関する研究
  2. 確率微分方程式で記述される時系列に関する研究
  3. ランダム媒質の波の透過に関する研究

最近の主な業績

Ⅰ.研究活動

著書・論文等の名称 単著・共著 発行又は発表の年月(西暦) 発行所、発表雑誌(及び巻、号数)等の名称 共著者名 掲載頁
Growth model for fractal scale-free networks generated by a random walk 単著 2019 Physica A 521
(Elsevier)
424-434
Topology of growing networks accelerated by intermediary process 単著 2017 Physica A 484
(Elsevier)
378-393
Network structures sustained by internal links and distributed lifetime of old nodes in stationary state of number of nodes 単著 2017 Journal of Physics: Conference Series. (IOP Publishing) p.012039
Condensation of edges on tree graphs induced by movement of a random walker 単著 2016 Journal of Statistical Mechanics: Theory and Experiment,  2016, (IOP Publishing) 033303
(18pp)
Effects of triad formations stimulated by intermediaries on network topology 単著 2015 Physica A 436 (Elsevier) 897–908
Network formed by movements of random walkers on a Bethe lattice 単著 2014 Journal of Physics: Conference Series. Vol. 490 ( IOP Publishing) P.012189
Time Evolution of the Degrees in a Network Formed by Traces of Random Walks 単著 2013 4th International Symposium on Slow Dynamics in Complex Systems-Keep going Tohoku-, AIP Conference Proceedings 1518 (Editors: M. Tokuyama and I Oppenheim, AIP) 507 – 510
Automatic Maintenance of a Power Law in the Degree Distribution of Networks Formed by Traces of Random walks 単著 2012 Advances in Mathematical and Computational Method, Proceedings of the 14th Wseas Conference on MACMESE 2012(Editors :M. Liliana,WSEAS press) 198-202
Time Evolution of the Edge Length Distribution of Networks Generated by Random Transports on a One-Dimensional Lattice 単著 2011 INTERNATIONAL JOURNAL OF MATHEMATICAL MODELS AND METHODS IN APPLIED SCIENCES 5,(NAUN journals) 558-566
Euclidian Edge Length and Topology of Networks Generated by

Random Transports on One-Dimensional Lattice

単著 2010 ADVANCES in MATHEMATICAL

and COMPUTATIONAL METHODS, Proceedings of the 12th WSEAS International Conference on MATHEMATICAL and COMPUTATIONAL METHODS in SCIENCE and ENGINEERING

(Editors : Liliana Rogozea,WSEAS press)

108-113
Impact of initial lattice structures on networks generated by traces of random walks 単著 2010 Physica A 389,(Elsevier) 3336-
3347
Estimation of power-law exponent of degree distribution using mean vertex degree 単著 2009 Mod. Phys. Lett. B 23, (World Scientific) 2073-
2088
Network Formation Determined by the Diffusion Process of Random Walkers 単著 2008 J. Phys. A : Math. Theor. 41, (IOP Publishing) 235005
(18pp)
Explanation of Correlation between Adjacent Vertices in Network Formed by Traces of Random Walkers 単著 2008 Complex Systems, Proceedings in the 5th International Workshop on Complex Systems(Editors : M. Tokuyama, I. Oppenheim and H. Nishiyama,AIP) 740-743
Network Formed by Traces of Random Walks 単著 2007 Physica A 379, (Elsevier) 701-713

Ⅱ.教育活動

教育実践上の主な業績 年月日 概要
学都仙台コンソーシアム平成29年度サテライトキャンパス公開講座
「つながりの科学への招待」講師
2017年10月14日 学都仙台コンソーシアムが行っている公開講座のひとつを担当した。
場所:仙台市市民活動サポートセンター6階セミナーホール
これだけは知っておきたいインターネット安全教室(主催:NPO法人地域情報モラルネットワーク、独立行政法人情報処理推進機構(IPA))における講師 2015年12月19日 一般財団法人みやぎ婦人会館3階第1研修室にて、NPO法人地域情報モラルネットワーク、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が主催するインターネット安全教室で、NPO法人地域情報モラルネットワーク理事の立場で講演を行った。
情報社会のデジタルメディアとリテラシー―情報倫理を学ぶ―(ムイスリ出版) 2013(2018改訂) 情報の基礎に関する教科書の執筆。小島正美氏、木村清氏との共著。 コンピュータグラフィックスに関する章を担当した。2018改訂版では1章を共同執筆。
文部科学省戦略的大学連携支援事業遠隔授業システムへの授業提供(コンピュータサイエンス概論) 2010 仙台圏の大学間の積極的な連携を推進し、各大学における教育研究資源を有効活用すること等を目的として文部科学省からの支援を受け実施している授業遠隔発信事業。
仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602