Contents Menu

氏名 八巻 美智子
所属 家政学部 家政学科
職名 講師
学位 博士(農学)
専門分野 家政学関係/食品学/栄養学関係
主な担当教科 家政学原論/食品学実験Ⅰ・Ⅱ/食品学総論など

研究題目

  1. エゴマの栄養学的評価に関する研究
  2. 通電による食品の物性改善について
  3. 味覚についての研究

最近の主な業績

Ⅰ.研究活動

著書・論文等の名称 単著・共著 発行又は発表の月(西暦) 発行所、発表雑誌(及び巻、号数)等の名称 共著者名 掲載頁
Genetic polymorphism of human bitter taste receptors in the defense system against cancers 共著 2018年 Asia-Pacific Nutrigenomics Nutrigenetics Organization APNNO 2018 Biennial Conference Hiroki Saito, Kunio Isono, Tomoko Goto, Hitoshi Shirakawa1, Noriaki Shoji, Shizuko Satoh-Kuriwada, Takashi Sasano, Ryo Okada p.19
Genotyping Analysis of Bitter-Taste Receptor Genes TAS2R38 and TAS2R46 in Japanese Patients with Gastrointestinal Cancers 共著 2017年 Journal of Nutritional Science and Vitaminology. 63,148-154, 2017.(査読有) ○Michiko Yamaki, Hiroki Saito, Kunio Isono, Tomoko Goto, Hitoshi Shirakawa, Noriaki Shoji, Shizuko Satoh-Kuriwada, Takashi Sasano, Ryo Okada, Katsuyoshi Kudoh, Fuyuhiko Motoi, Michiaki Unno, and Michio Komai 148-154
Contribution of bitter receptor TAS2Rs and Glutathione S-transferases on preference and bitterness of the cruciferous vegetables. 共著 2016年 17th International Symposium on Olfaction and Taste (ISOT2016)
CHEMICAL SENSES (Vol. 41, No. 9)
Hiroki Saito,
Kunio Isono,
Hitoshi Shirakawa,
Tomoko Goto
and
Michio Komai
pp.E278-E279
Evaluation of individual bitterness sensitivities to phenylthiocarbamide and 6-n-propylthiouracil associated with sex difference and self-reported bitterness sensitivity to grapefruit. 共著 2016年 17th International Symposium on Olfaction and Taste (ISOT2016)
In CHEMICAL SENSES (Vol. 41, No. 9)
Saito H,
Numakura Y,
Iribe M,
Ishikura A,
Isono K,
Goto T,
Shirakawa H,
Komai M.
pp. E278-E278
Analysis of genetic polymorphism of human bitter-taste receptor TAS2R and glutathione-S- transferases (GSTs) and bitter taste palatability. 共著 2015年5月 ACN2015 12th Asian Congress of Nutrition Hiroki Saito,
Kunio Isono,
Hitoshi Shirakawa,
Tomoko Goto
and
Michio Komai
p.467
Analysis of human TAS2R variations underlying individual difference in the food preference and bitter taste evaluation 共著 2014年9月 24th international meeting European Chemoreception Research Organization 59 Hiroki Saito,
Kunio Isono,
Hitoshi Shirakawa,
Tomoko Goto
and
Michio Komai
p.231
Increase in the viscosity of soft-flour batter by weak direct-current processing 共著 2014年4月 Food Science and Technology Research
Vol.20、No4(2014)
Yoshiro KAMATA1*,
Eru OJIMA1,
and
Shunsuke OHTSUBO
p.815-819
査読あり
通電(微弱通電)方法の違いによる小麦粉生地の物性改善について 単著 2010年8月 (財)飯島記念食品科学振興財団 平成20年年報 225-229
通電(微弱電流)による小麦粉生地の物性改良 単著 2009年8月 平成19年度年報 (財)飯島記念食品科学財団 191-197
小麦粉又は小麦粉生地の改質方法及び装置
特開2009-207436
共著 公開日:2009年9月17日 大坪俊輔
石橋英昭
鎌田慶朗
53:A63
Dissolution of Glutenin Macropolymer into Water from soft-wheat-flour by Electrical Treatment with Weak Direct Current causing Increase of Batter Viscosity 共著 2008年 Cereal Foods World
CD-ROM
Y. KAMATA
et al
査読あり

Ⅱ.教育活動

教育実践上の主な業績 年月日 概要
教員セミナー発表
学内研究奨励賞受賞者の研究発表
演題「味覚に関する研究 ―苦味感受性について―」
2015年3月2日 本学FD活動の一環として学内の教職員を対象としたセミナーで、味覚に関する研究について成果報告を行った。
公開授業「食品学実験」 2014年1月23日
2013年1月22日
2012年1月20日
本学FD活動の一環として学内の教職員を対象に公開授業を実施、終了後、参加者より授業に関する意見、改善点などについて伺った。
ブルドックソース(株)
学園祭応援企画のコンペに参加
2013年10月19、20日 ブルドックソース(株)と仙台市卸売市場宮果とで企業連携し大学祭にてお好み焼きを地域住民の方々をはじめ多くの方に提供した。コンテストでは入賞した。
東日本大震災支援事業「手軽に簡単料理教室」
たのしさ、おいしさ、うれしさの分かち合い
2013年6月15日 仙台市鶴巻1丁目公園仮設住宅にて行った。メニューは温泉卵入り牛丼、水菜と白滝の酢の物、コーヒーゼリー。
東日本大震災支援事業「手軽に簡単料理教室」
たのしさ、おいしさ、うれしさの分かち合い④
2012年8月30日 福田町南仮設住宅集会所にて行った。メニューは生姜ごはん、野菜たっぷり豚汁、笹かまのすんだ和え。
東日本大震災支援事業「手軽に簡単料理教室」
たのしさ、おいしさ、うれしさの分かち合い③
2012年8月10日 扇町公園1丁目仮設住宅集会所にて料理教室を行った。メニューは上記同様。
東日本大震災支援事業「手軽に簡単料理教室」
たのしさ、おいしさ、うれしさの分かち合い②
2012年8月9日 岡田西町仮説住宅集会所にて料理教室を行った。メニューは野菜たっぷり冷し中華、マーボーナス、杏仁豆腐。
東日本大震災支援事業「手軽に簡単料理教室」
たのしさ、おいしさ、うれしさの分かち合い①
2012年6月26日 NPO法人と味の素(株)の依頼により南小泉集会所にて簡単料理教室を行った。仮設住宅に住む方々のコミュニケーション不足解消の一助として料理教室を行い心の交流を行った。
教員セミナー発表
演題「エゴマの栄養学的評価について」
2011年12月9日 本学FD活動の一環として学内の教職員を対象としたセミナーで、自身の研究について発表した。
仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602