三島学園について 理事長挨拶

学校法人 三島学園 理事長 浅尾豊信

  三島学園は、東北生活文化大学、東北生活文化大学短期大学部、東北生活文化大学高等学校、ますみ幼稚園、ますみ保育園の五つの教育機関を擁する総合学園であります。三島駒治・よし夫妻による1900年の東北法律学校、3年後の東北女子職業学校の開校を礎に、時代の要請と地域の期待に応えて改革を重ね、現在の学園へと発展してきました。仙台市の中心部に誕生した学園ですが、規模拡大に伴って、大学・短大・高校は泉区虹の丘に移転し、太白区向山にある幼稚園・保育園と二つのキャンパスを形成しております。激動の20世紀を歩んだ百有余年の歴史を誇り、地域文化の向上に資することを建学の精神とし、生活に密着した人材の育成を使命として、多くの有為な人材を世に送り出してきました。

  21世紀に入り、社会が高度化・多様化へと歩み続ける中、知識基盤社会への構築を目途に、教育に課せられた問題は多岐にわたり、教育機関としての責務はますます大きくなっております。そのことを自覚しつつ学園全体の教育内容の改善・充実に努めながら、学士力(知識・技能・態度・創造的思考力)を基礎として、特に家政、服飾、健康栄養、美術、情報、保育等の分野の専門教育と研修に力点をおいた学園として、活動を続けております。本学園は必ずや豊かな人材と人間形成の場として機能し、地域に根ざし、地域に開かれた学園として生活文化の向上に寄与していくことを確信しております。

学校法人 三島学園 理事長 浅尾豊信