Contents Menu

氏名 川又 勝子
所属 家政学部 家政学科
職名 准教授
学位 修士(教育学)
専門分野 被服 (染色学、被服造形学)
主な担当教科 被服平面造形学、被服平面造形実習、染色学実習、テキスタイルデザイン

研究題目

  • 仙台地方の型染め・型紙の調査とデジタル化処理
    平成18~20年度文部科学省科学研究費補助金(若手研究(B),課題番号:18700576)
    平成21~23年度文部科学省科学研究費補助金(若手研究(B),課題番号:21700720)
    平成24~26年度学術研究助成基金助成金(若手研究(B),課題番号:24700780)
    平成28~30年度学術研究助成基金助成金(基盤研究(C),課題番号:16K00791)
    平成31年度~学術研究助成基金助成金(基盤研究(C),課題番号:19K02378)

最近の主な業績

Ⅰ.研究活動

著書・論文等の名称 単著・共著 発行又は発表の年月(西暦) 発行所、発表雑誌(及び巻、号数)等の名称 共著者名 掲載頁
仙台型染資料集XIV―仙台地方の注染型紙― 共著 2020年3月 東北生活文化大学染色学研究室 発行 佐々木栄一 全61頁
仙台型染資料集XIII―仙台地方の注染型紙― 共著 2019年3月 東北生活文化大学染色学研究室 発行 佐々木栄一 全75頁
仙台型染資料集Ⅻ―仙台地方の注染型紙― 共著 2018年3月 東北生活文化大学染色学研究室 発行 佐々木栄一 全59頁
仙台型染資料集Ⅺ―仙台地方の注染型紙― 共著 2017年3月 東北生活文化大学染色学研究室 発行 佐々木栄一 全63頁
仙台型染資料集Ⅹ―仙台地方の注染型紙― 共著 2016年3月 東北生活文化大学染色学研究室 発行 佐々木栄一 全61頁
現代に活かす常盤紺形染―高校生対象の教育プログラム研究― 共著 2020年3月 東北家庭科教育研究No.19 小野寺泰子
佐々木栄一
p.17-23
地域の伝統的衣生活について理解を深める教育プログラムの実践研究 共著 2020年2月 東北生活文化大学・東北生活文化大学短期大学部紀要No.50 小野寺泰子
佐々木栄一
p.25-32
藍染め古布について―本学所蔵斎藤ハシメ古布コレクションから― 共著 2019年3月 東北生活文化大学・東北生活文化大学短期大学部紀要No.49 佐々木栄一 p.49-55
注染型紙から見る仙台の浴衣と手拭について 共著 2018年3月 東北生活文化大学・東北生活文化大学短期大学部紀要No.48 佐々木栄一 p.61-66
常盤紺形染裂と型紙―東北生活文化大学所蔵資料から― 共著 2017年3月 東北生活文化大学・東北生活文化大学短期大学部紀要No.47 佐々木栄一 p.43-49

 

Ⅱ.教育活動

教育実践上の主な業績 年月日 概要
東北生活文化大学高等学校生活文化コース「特色教育~常盤紺形染~」 2018年12月3日 高校生を対象として、仙台の伝統染色「常盤紺形染」についての体験授業を実施した。
日本家政学会東北・北海道支部 2018年度被服科学研究会 「最先端のテキスタイルデザインの体験と自動織機などの見学」 2018年9月7日 大学教員等を対象として、布帛デザインの現場で実際に用いられている最先端の機器についての実習を担当した。
東北生活文化大学家政学部家政学科「染色講座」 2018年8月25日 家庭科教員を対象にデジタルテキスタイルデザインの技法による布帛製作実習を担当した。
リビング子ども大学「デジタルプリントに挑戦! 親子でペアTシャツ」 2018年7月30日 親子体験講座にて、デジタルプリントによるオリジナルペアTシャツ製作実習を担当した。
仙台の木綿型染めについて
(学都仙台コンソーシアムサテライトキャンパス公開講座)
2016年11月25日 前半は藩政期以降行われた仙台地方の染色の中から、木綿型染めの歴史とその特徴について概説した。後半では、本学所蔵常盤紺型から文様を抽出し、渋紙への型彫り体験とブックカバーへの捺染を行った。
みんなで知ろう若林区伝統の技「常盤型手ぬぐいと常盤紺型」(若林区文化センター主催)への協力と出展 2016年6月18日~7月3日 若林文化センター主催の企画展に際し、常盤紺型資料について助言し、これまでの研究成果の一部を提供した。それらは同展に出展され、多くの市民が観覧した。また、学生が制作した常盤紺型文様エコバッグも展示していただき、好評を得た。
仙台の木綿染め
(東北生活文化大学公開講座)
2015年11月28日 明治期以降隆盛した仙台地方の染色産業の中から、木綿染めについて概説した。後半のワークショップでは、本学所蔵常盤紺型文様をアレンジしたしおりの制作を行った。
常盤紺型文様のエコバッグ制作
(服飾文化専攻選択科目「テキスタイルデザイン」にて)
2014~2019年度 常盤紺型文様のデジタルアーカイブス資料の中から、学生が好みの文様を抽出しデジタルテキスタイルデザインを行った。さらにインクジェットプリンタを用いて布地に出力し、エコバッグを制作した。この実習を通して学生は、仙台に特有の型染めについて理解を深めることができ、また、在仙染色業者からも好評を得た。
東北生活文化大学服飾文化専攻4年次テキスタイルデザイン展示会―常盤紺型と仙台浴衣文様を活用したデジタルテキスタイルデザイン― 2013年11月13日~20日 これまで研究してきた仙台に所縁ある型染め文様を、服飾文化専攻4年次「テキスタイルデザイン」の教材として取り上げ(仙台型染め文様を応用したデジタルテキスタイルデザイン)、その成果を発表する展示会を本学図書館にて開催した。合わせて、本学所蔵の常盤紺形染とその型紙(本学染色学研究室にて補修)も展示した。

 

仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602