Contents Menu

皆さんこんにちは。東北生活文化大学短期大学部生活文化学科子ども生活専攻、模擬授業「ピアノ体験」のページです。

本来であれば、皆さんとお会いして、学生と一緒にピアノレッスンの模擬授業を準備していましたが、今回はウェブオープンキャンパスということで、昨年度までのオープンキャンパスで実施された「ピアノ体験」の模擬授業の概要をご紹介します。

早く状況が落ち着き、皆さんとお会いできることを学生教職員共々楽しみにしています。

子ども生活専攻オープンキャンパスの模擬授業の一つ「ピアノ体験」では、80周年記念棟の音楽室やピアノ練習室で、子ども生活専攻の学生と一緒にピアノレッスンを体験することができます。


施設紹介

正門を入っていくと左手に音楽棟が見えてきます。中には三島学園子育て・家庭支援センターも併設され、平日午前中は元気な子どもたちの声も聞こえてきます。

模擬授業は1階のピアノ練習室、2階の音楽室を会場に行われます。

音楽室には、学生の練習用電子ピアノが11台あります。

1階には10部屋の練習室があり、学生は授業の合間の空き時間や放課後に練習することができます。

先生との個別レッスンはグランドピアノのあるレッスン室で行われます。練習室のアップライトピアノとは弾き心地も違います。


模擬授業内容

模擬授業では、オリジナルテキストを用いて、教員や学生と一緒に簡単なこどものうたの伴奏の付け方を体験します。初めてピアノを触る方も多いので、最初の一歩から丁寧に授業を進めていきます。初心者の方も安心して体験することができます。

【オリジナルテキスト「すぐに弾けるこどものうた 」一部】

授業の初めは、ピアノの鍵盤や楽譜の読み方、ピアノを弾く指づかいなど演奏のために必要な知識と簡単なコードネームについて学びます。初心者の方も簡単な左手伴奏にチャレンジです。

基本事項を学んだ後は、1人一台個別にピアノの練習場所を割り振ります。教員や学生が優しく丁寧に、経験に合わせたアドバイスを行います。子ども生活専攻の先輩方も、初心者から始めた学生も少なくありません。去年同じように初めて模擬授業を体験した先輩が、優しくアドバイスをしてくれます。上達の秘訣を聞いてみたいですね。

模擬授業の最後には、学生の伴奏でこどものうたを歌ったり、手遊びをしたりと、子どもたちの音楽表現活動を皆さんと一緒にやってみます。

今回は模擬授業の概要の紹介までとなりますが、次回以降のオープンキャンパスではぜひ皆さんとお会いして、一緒に演奏したり、歌ったりしながら子ども生活専攻の教員や学生と楽しい時間を過ごせることを願っています。

 

 

仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602