Contents Menu

(令和2年7月7日更新)

※新型コロナウイルス感染症に係る影響により家計が急変した場合にも,貸与奨学金(緊急・応急採用)・給付奨学金(家計急変)を申込むことが可能です。制度の詳細や手続きは以下をご覧ください。

◆日本学生支援機構「給付奨学金」(高等教育の修学支援新制度) -在学採用- ※追加募集

高等教育の修学支援新制度(2020年4月開始)は,国が経済的に困難な学生を支援し,「給付型奨学金(原則返還が不要な奨学金)」と併せて「授業料減免(授業料と入学金の免除または減免)」が受けられるものです。

<詳細>

◆日本学生支援機構「貸与奨学金」 -在学採用- ※追加募集

日本学生支援機構貸与奨学金は,健康で人物・学力ともに優秀な学生を,日本学生支援機構の奨学生として大学より推薦しています。日本学生支援機構では,家庭の経済状態等も考慮して受給者を決定することになります。

<詳細>

日本学生支援機構より『学生支援緊急給付金』申請者及び新型コロナウイルス感染症の影響等によりこれまで申込みが困難であった者等がいることが想定されるため,学生支援緊急給付金の申請者や真にやむを得ない事情がある場合に限り在学採用の申込期限を延期するとの通知がありました。
このことにより,本学では追加募集を行います。申請を希望する学生は7月8日(水)までに学生課に来てください。

◆日本学生支援機構奨学金-緊急採用・応急採用-

家計急変等により修学が困難になった場合,随時応募できる緊急採用(第1種奨学金)・応急採用(第2種奨学金)があります。学生課までご相談ください。
※緊急採用・応急採用:家計が急変した事由が発生したときから,1年以内である場合に申込むことができます。

<詳細>

◆日本学生支援機構奨学金給付奨学金-家計急変-

家計急変により修学が困難になった場合,年間を通じて随時受付けます。(急変事由発生日から3か月以内に申し込む必要があります)。
※新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した場合は,「生計維持者が震災,火災,風水害等に被災した場合」に類するものとして,申請することが可能です。学生課までお問い合わせください。

<詳細>

◆「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』について ※2次募集(R2.7.7更新)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により,アルバイト等ができなくて困っている学生さんに対する学生支援緊急給付金の申請が開始されました。(令和2年5月19日に閣議決定)

これは,今般の新型コロナウイルス感染拡大による影響で,世帯収入・アルバイト収入の大幅な減少により,学生生活にも経済的な影響が顕著となっている状況の中で,大学等での修学の継続が困難になっている学生等が修学をあきらめることがないよう,現金を支給する国の事業です。

【申請書類締切日】

 ・令和2年7月17日(金)13時まで

<詳細>

  ・文部科学省:「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』

仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602