Contents Menu

07 モノを見るってどんなコト?

対象

デッサンの理論と実践をとおして「対象を見て描く」とは、わたしたちにとってどのような営みなのかを考えていきます。
時間に余裕があれば、デッサン指導の過程でルネサンス からこんにちまでのビジュアルアートがどのようなモノの見方を獲得してきたのかを簡単にご紹介します。

必要機材プロジェクター、スクリーン、ホワイトボードまたは黒板、実習に必要な材料はご相談ください。
担当伊勢周平【美術表現学科講師/専門:総合メディア、絵画】
仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602