Contents Menu

49 あいまいさを科学する

対象

私たちの生活には予想できない現象があふれています。普段見過ごしがちな、あいまいな現象も数学の対象になることがあります。ここでは、あいまいさを測る(定量化する)ことと、それが情報科学などの分野でどのように応用されるのかを考察し、数学的な考え方が役に立つ一例を示します。

必要機材プロジェクター、スクリーン
担当池田展敏【生活文化学科教授/専門:統計物理学、確率過程論】
仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602