Contents Menu

学校法人三島学園
東北生活文化大学 東北生活文化大学短期大学部 学長
佐藤 一郎
 

温かい眼差しで学生に寄り添う

 

 三島学園の東北生活文化大学ならびに短期大学部の歴史を紐解くと、明治33(1900)年、東京で法律を学んだ三島駒治氏が、「東北法律学校」を設立、続いて3年後に三島駒治、よし夫妻によって創設された「東北女子職業学校」にまで遡ります。昨年、令和2年10月27日に創立120周年を迎えており、東北の中心地仙台に根付いた、伝統ある教育機関として親しまれています。「令和」という新しい元号を迎えています。そのいわれは、『万葉集』巻五の「梅花の歌 三十二首」の序文「時に、初春の令月にして、気淑く風和はらぎ」であります。三島学園には、三島よし校長の親族である齋藤實子爵(第30代内閣総理大臣)御手植えの紅梅白梅が毎春咲いています。気淑く風和はらぐなか、清く、正しく、健やかに、時代とともに年輪を重ね、咲いてきた梅花のように、三島学園は歩んでいきたいと思っています。

 本学は、三島学園創立以来の女子教育の伝統を受け継いで、明治、大正、昭和、平成と、東北における日本社会の近代化を担い、衣食住という「生活と文化」を基軸に据え、現実の社会生活に貢献しうる「実学」を重視する教育機関として出発しました。同時に、自分が生きる原理、原初に立ち返り、自分自身が実験を重ね実証していくサイエンスとしての教育と研究の姿勢をも貫いてきました。

 近年、令和となって、大学には、地球社会のグローバル化の大波が押し寄せ、高度情報化社会に対応する人材養成が急務とされています。そして、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、人間中心の社会を作り出そうという、ソサエティ5.0(Society 5.0)が進行しています。そのためには、コミュニケーションスキル、数量的スキル、情報リテラシーなど、実生活に必要なAI(人工知能)を扱う技術、それと、人文・社会科学、文化・芸術などの幅広い教養の涵養が求められています。本学は、このような「21世紀型市民」の人材養成を担う機関としての役割を目指しています。

 家政学部においては、家庭科教諭の養成、ファッション造形のさらなる充実、管理栄養士の養成、美術学部では、美術科教諭の養成、ゲーム・アニメーション造形のさらなる充実、短期大学部においては、栄養士・保育士・幼稚園教諭の養成、四年制大学への編入学をより積極的に取り組み、温かい眼差しで学生に寄り添う大学として、邁進してまいります。

仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602