Contents Menu

学校法人三島学園
東北生活文化大学 東北生活文化大学短期大学部 学長
佐藤 一郎

「物を見る目の寸法」をとらえ、人間の感覚力と創造力を磨く

 

日本文化の近代化の一端を担って、1896年に設立された東京美術学校の西洋画科初代教授であった黒田清輝は、次のように語っています。
「……石膏とか人物をモティーフにして写生するのですから、その木炭デッサンは、一年や二年ぐらいでは見せられるものができない。そのできないというのがいいのであって、初めから画面をこしらえる必要はない。ただ自分自身の「物を見る目の寸法を拵える」ために、手を動かしていくと、そのうちに手は独りで慣れてくるし、手が慣れてくると「物を見る目の寸法」もしっかりとしてくる。このような手と目の修練を積み重ね、油画制作に進むとおのずとスッカリ描けるようになる。……」

このように、「見ること」と「描くこと」の修練によって、「物を見る目の寸法」が、学生一人ひとりに育まれ確立されるのです。その結果、何ものにも束縛されず自由に対象を捉えることで、個々の創造力が十二分に発揮されます。「絵を描く」だけではなく、「彫塑を作る」「デザインをする」「器を作る」「服を作る」「料理をする」「子どもを育てる」ことにおいても、「見ること」と「作ること」という、人間の感覚力と創造力の結びつきが重要になります。
本学は、その前身が1900年に仙台の地に設立されて以来、「美しきもの」を希求し、創り出し、それを日常の生活に生かすさまざまな手立てを探求するための教育を担い、地域社会に還元する人材を育成することに努めてまいりました。いつの時代にあっても、常にそこには人間としての自律と、創造性豊かな生き方を支援する姿勢が一貫してありました。
その良き伝統を生かしつつ、家政学部は、家政学体系の理解を基本とし、「服飾文化専攻」では、現代のアパレル・ファッション業界に対応する高度な知識と技能に対する服飾文化の専門家(衣料管理士など)、また「健康栄養学専攻」では、医療と福祉を視野に入れた健康、栄養、食物に対する専門家(管理栄養士など)の養成を目指しています。そのために、人文科学、自然科学に基づく理論的側面からのバックアップに加え、現代社会の多様化、複層化に対応しようと、カリキュラム編成に努力しております。
さらに、本年度から「家政学部生活美術学科」は改組され「美術学部美術表現学科」が新たに発足しました。地域創生とアクティブラーニングを柱とし、「地域の未来を、共に創る」活動を進めるとともに、3年次からは「美術・工芸コース」、「デザイン・メディア芸術コース」に分かれて、専門性を深めるとともに、フレキシブルなカリキュラム編成を心がけています。
短期大学部生活文化学科「食物栄養学専攻」では、食生活を科学的に理解するとともに、幼児から高齢者の健康と安全に配慮する栄養士の養成を目指しております。また、「子ども生活専攻」では、保育を取り巻く社会の仕組みを理解し、子どもの食と栄養、子どもの保健と発達心理学を学び、造形、音楽、体育のスキルを学び、保育士、幼稚園教諭の養成を目指しております。

東北の地で学究することの特性を、学生一人ひとりが見極めながら「自らの進むべき道」への到達に向けて、そのエネルギーに満ちた成長ぶりを示すことに努力しましょう。そして、国内的にも国際的にも一層評価が得られる東北生活文化大学・同短期大学部になることを共に目指しましょう。

仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602