Contents Menu

服飾文化専攻では、5月末から「服飾講座(全8回)」を配信します。
専攻での教育や研究内容に関連する生活文化や服飾文化、教育分野などの様々な知識をお伝えしていきます。(毎週月曜配信)

☆服飾講座➂ 私の一冊  ~今まさに混沌とした時代だからこそ「三国志演戯」に注目! ~

現在,新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため,不要不急の外出自粛が要請されています。
そうしたなか,皆さんは「おうち時間」をどのように過ごしていますか?
withコロナの時代,自分の部屋でオンライン・ゲームや音楽・動画を楽しむ時間をほんの少しだけ,本を読むための時間にあててみませんか?
長引くコロナ禍での閉塞感や様々な不安が募るなか,心身にストレスがたまったとき,本を読むことで,前向きな気持ちが芽生え,自然と勇気が湧いてくるかもしれません。

今回,中国三大奇書(※注)のひとつ『三国志演戯』を紹介したいと思います。
ときは後漢末期の中国,宗教的な農民反乱「黄巾の乱(西暦184年)」がきっかけとなり,皇帝の権威は失墜し,国土は群雄割拠の状態に陥った。
また,相次ぐ戦乱や天災のさなか,庶民は困窮を極めていた。
このような混沌とした時代にあって,漢王朝の末裔を称する劉備は「天下万民を安寧へと導く」という高邁な理想に燃え「桃園の誓い」で有名な関羽や張飛と義兄弟の契りを交わし,また「三顧の礼」をもって,諸葛亮を軍師に迎えるなど,名だたる剛勇・智勇の士を従え,漢王朝の復権をめざす。

その後,彼らの活躍により,中国各地の軍閥や黄巾賊の残党などの諸勢力が淘汰され,さらには諸葛亮の「三国鼎立の計」が功を奏し,魏(華北)の曹操,呉(長江流域)の孫権,蜀(四川盆地・漢中盆地)の劉備が,天下統一に向けて覇権を争うことになる。
しかし,これらの国々も,後継者たちの度重なる失政から滅び,新興勢力の晋によって覇業(天下統一)が成し遂げられる。

この本を読んでいる数日もしくは数週間のうちに,後漢が滅亡し,曹操・孫権・劉備が覇権争いにしのぎを削るが,これらの国々も滅び,晋によって天下が統一されるまで,およそ百年の歳月があっという間に過ぎていく。
今まさに混沌として時代にあって『三國志演義』の英雄豪傑たちに思いをはせ,人の道(五徳:仁・義・道・智・心)を知り,時流を見極めることの大切さを学んで欲しいと思います。
それは,皆さんが「服飾ビジネス」について学ぶとき,大変役に立つことになります。

≪私の一冊≫
『三国志演義(一)』
 羅 貫中 著,井波 律子訳, 2014年09月11日発行,定価:2,013円
 ISBN: 978-4-06-292257-9
※全4巻あります。

※注:中国三大奇書とは,中国明代に成立した通俗長編小説『三国志演義』『水滸伝』『西遊記』の総称です。これらの関連作品(物語)は,漫画やアニメ,映画などをはじめ,様々なメディアで展開され,国や世代を超えて根強い人気を誇っています。

(消費生活研究室 水谷 浩)

仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602