Contents Menu

4月の服飾講座に引き続き、GW期間終了後の5月7日~研究室紹介を行います。

 卒業研究という言葉を聞いた事があるかもしれません。大学ならではの教育として研究活動が行われています。

 服飾文化専攻では、3年次「専門研究Ⅰ」、4年次「専門研究Ⅱ」が開講され、1~2年間かけて学生は様々な分野の研究に取り組みます。

 月曜と木曜に配信予定です。

 

研究室紹介① 染色学研究室

みなさん、こんにちは。染色学研究室の川又です。本研究室では、日本人の衣服や、染物・織物にまつわる研究を行っています。

現在は、東北地方にゆかりある染織関連資料についての調査研究と、それらにインスパイアされた染色作品の制作を行っています。これらの研究・制作を通して、東北地方の服飾文化について理解を深め、どのように現代に活かしていくか?!を学生と一緒に探っています。

 

□ 研究題目の一例
 ・小紋染型紙文様の再生方法について(2019年度卒業 H.M.さん)
 ・藍型染め古布について(2017年度卒業 K.R.さん)
 ・ゆかり染とその下絵について(2017年度卒業 S.E.さん)
 ・本学家政学科資料室収蔵資料とその調査について(2016年度卒業 T.M.さん)

 

□ 学生作品の一例

藍染めフリークロス「藍の窓」(2015年度 S.M.さん)
ゆかり染め座布団「縁」(2015年度 S.M.さん)
ゆかり染めワンピース「百合更紗」(2015年度卒業 A.M.さん)

 

仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602