Contents Menu

氏名 土井 豊
所属 家政学部 家政学科
職名 教授
学位 体育学修士(順天堂大学);昭和56年3月
専門分野 学校保健/保健体育学
主な担当教科 スポーツ/スポーツ身体科学/健康管理概論/運動生理学

研究題目

  1. 健康的痩身方法についての体力医学的研究
  2. 保健的生活行動(健康習慣)と健康・体力との関連についての研究

最近の主な業績

Ⅰ.研究活動

著書・論文等の名称 単著・共著 発行又は発表の年月(西暦) 発行所、発表雑誌(及び巻、号数)等の名称 共著者名 掲載頁
『衛生・公衆衛生学』(初版) 共著 2018年3月30日 アイ・ケイコーポレーション 山本玲子編著
池上清子
伊藤常久
亀尾聡美
小松正子ら
全16名
p.176-186(第12章 学校保健~児童・生徒・学生・教職員の健康)
「沿岸部の学校における学校防災・安全に対する意識-保護者へのアンケートより-」 共著 2014年3月 東北生活文化大学・東北生活文化大学短期大学研究紀要,第44巻 伊藤常久
千葉保夫
数見隆生
p.5-12
『子どもの命は守られたのか-東日本大震災と学校防災の教訓』 編集
補助
2011年12月 かもがわ出版 数見隆生
千葉保夫
鹿野裕美
黒川修行
伊藤常久
p.1-183の全編
「一般大学生を対象に行った「結婚観に関するアンケート調査」の結果と考察」 共著 2011年3月 東北生活文化大学・東北生活文化大学短期大学研究紀要,第41巻 秋元頼孝
佐藤摩和
中島千恵子
小田嶋充
p.13-19
『10代の性をめぐる現状と性の学力形成-今日の社会で確かな性の学びを育むために』 分担
執筆
2010年8月 かもがわ出版 数見隆生
伊藤常久
村口喜代ら
第一部1章2節p.27-36
「大学生における性意識・性行動の実態、及びそれらに影響を及ぼす背景要因に関する検討」 単著 2010年3月 東北生活文化大学・東北生活文化大学短期大学研究紀要,第40巻 中島千恵子
数見隆生
p.87-91
「宮城教育大学学生のジェンダー意識の現状と課題~一般大学生との比較調査から~」 共著 2010年2月 宮城教育大学紀要,第44巻 数見隆生
伊藤常久
p.109-123
「高校生の性意識・性行動の実態とその背景に関する調査研究」 共著 2009年7月 公衆衛生情報みやぎNo.391 伊藤常久
数見隆生
p.25-26
「教育大学学生のジェンダー意識の現状調査」 共著 2009年3月 日本教育保健学会年報,第16号 伊藤常久
数見隆生
p.13-24
「大学生における性意識・性行動の実態、及びこれらに影響を及ぼす心理・社会的要因に関する調査研究」 単著 2009年3月 東北生活文化大学・東北生活文化大学短期大学研究紀要,第39巻 伊藤常久 p.99-102

Ⅱ.教育活動

教育実践上の主な業績 年月日 概要
仙台市松陵市民センターの老壮大学「いきいき健康講座」にて講演:「転ばぬ先の杖づくりについて-“メタボ&ロコモ予防”は立派な社会貢献-」 2017年12月8日 心身共に健康かつ元気な高齢者をいかに多くしていくかは現代における大きな健康課題であることに鑑み、とりわけ今後はメタボ(内臓脂肪症候群)やロコモ(運動器症候群)対策が重要であることを解説した。
【学会役員等】
2017年4月~現在 日本学校保健学会・理事,兼「学校保健研究」編集委員
2017年4月~現在 日本教育保健学会・事務局幹事
2014年4月~2017年3月 日本教育保健学会常任理事(事務局長)
2016年11月~現在 仙台市スポーツ推進審議会委員
2017年11月~現在 東京オリンピック・パラリンピック競技大会宮城県推進会議ボランティア部会会員
2014年9月6日 第62回東北教育保健学会・仙台大会にて学会長
2017年3月25日~26日 第14回日本教育保健学会・仙台大会にて副学会長
2017年10月4日~5日 第64回日本学校保健学会・仙台大会にて副学術大会長
 【学外講師】
1999年4月~現在 東北工業大学にて非常勤講師
(現在は「スポーツ科学実習」担当)
仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602