Contents Menu

氏名 宮地 洋子
所属 生活文化学科
職名 特任教授
学位 家政学修士
専門分野 調理学、食文化
主な担当教科 調理科学論、調理学実習、食文化論

研究題目

  • 放射性物質セシウムの調理の下処理による減量
  • 伝え継ぐ日本の家庭料理(山形県)
  • 短期大学生の「だし」の嗜好と利用状況

最近の主な業績

Ⅰ.研究活動

著書・論文等の名称 単著・共著 発行又は発表の年月(西暦) 発行所、発表雑誌(及び巻、号数)等の名称 共著者名 掲載頁
「伝え継ぐ日本の家庭料理 米のおやつともち」山形県「味噌もち」 単著 2019年6月 別冊うかたま
農山漁村文化協会
  p10
「伝え継ぐ日本の家庭料理 野菜のおかず秋から冬」山形県「あけびの味噌詰め焼き」 単著 2018年12月 別冊うかたま
農山漁村文化協会
  p106
「伝え継ぐ日本の家庭料理 肉・豆腐・麩のおかず」山形県「もつ煮」 単著 2018年2月 別冊うかたま
農山漁村文化協会
  p46
短期大学性および専門学校生の家庭における行事食の現状とその継承について 共著 2018年9月 仙台青葉学院短期大学紀要 高鳥美奈子,後藤未希,佐藤玲子  
内村産食品の放射性セシウム137の調理の下処理前の含量及び下処理による減少率 共著 2015年3月 仁愛大学研究紀要人間生活部編第6号 桑守豊美,桑守正範,原田澄子,大森聡,原田浩二,小泉昭夫 p15~20
Radiation dose rates now and in the future for residents neighboring restricted areas in a 20-50-km radius of Fukushima nuclear plant 共著 2014年3月 Proc Natl Acad Sci USA.
doi:10.1073/pnas.1315684111
K.Harada,T.Kuwamori, M,Miyachi Y,Koizumi 他30名  
山形県における通過儀礼および儀礼食の認識と摂食の現状 共著 2014年2月 山形県立米沢女子短期大学紀要第48号 齋藤寛子 p111~118
米粉がクッキーの性状及び嗜好に及ぼす影響 共著 2012年12月 山形県立米沢女子短期大学紀要第47号 齋藤寛子 p51-57
食パンの物性および食味特性に及ぼすおからの影響 共著 2011年12月 山形県立米沢女子短期大学付属生活文化研究所報告第38号 齋藤寛子 p29~35
ベーグルの性状に及ぼす米粉の影響 共著 2011年3月 山形県立米沢女子短期大学付属生活文化研究所報告第37号 齋藤寛子 p81~90

Ⅱ.教育活動

教育実践上の主な業績 年月日 概要
健康増進セミナー 2017年11月 仙台青葉学院短期大学健康増進セミナーにおいて、「動脈硬化症予防法としての食生活」をテーマに講師を努めた。
平成29年度仙台青葉学院短期大学夏季公開講座 2017年8月 仙台青葉学院短期大学夏季公開講座「果物のタンパク質分解酵素の実験―ゼリーを使った酵素活性の比較―」をテーマに講師を務めた。
「改訂新版調理学実習 ―おいしさと健康―」教科書の作成 2014年11月 短大・大学生向け調理学実習のテキストを作成し、中国料理と郷土料理を執筆した。
第51回山形県高等学校家庭クラブ指導者養成講座 2012年6月 山形県立高畠高等学校において開催された、「第51回山形県高等学校家庭クラブ指導者養成講座」において、「味覚と調理」をテーマに講師を務めた。
食の甲子園やまがた全国大会 2012年6月 山形県主催で行われた「食の甲子園やまがた全国大会」高校生の料理コンテストにおいて、実行委員及び審査委員を務めた。
おきたま米粉料理講習会 2012年2月 山形県米粉利用拡大プロジェクト推進協議会主催の「おきたま米粉料理講習会」において、「~米粉で洋風ランチはいかがですか~」をテーマに講師を務めた。
山形県立米沢女子大学公開講座 2011・2012年各10月 大学主催の公開講座において、米粉を使用したお菓子作りの講師を務めた。
館山りんご&スイーツフェスタ 2010・2013年各10月 米沢市主催による館山りんご&スイーツのコンテストにおいて、審査副委員長を務めた。

 

仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602