Contents Menu

氏名 山沢 智樹
所属 生活文化学科
職名 講師
学位 修士(教育学)
専門分野 教育学、教育行政学、地域教育運動
主な担当教科 教育原理、保育原理、教育・保育制度論、教育課程論

研究題目

  • 恵那地域における地域教育運動に関する研究
  • 地域に根ざした学校づくりに関する事例研究
  • 学校づくりとまちづくり

最近の主な業績

Ⅰ.研究活動

著書・論文等の名称 単著・共著 発行又は発表の年月(西暦) 発行所、発表雑誌(及び巻、号数)等の名称 共著者名 掲載頁
話題の校長本にみる「校長」論 単著 2020年1月 『教育』2020年2月号   45-52 頁
地方自治体における教育政策動向(内外の教育政策動向2018) 単著 2019年7月 『日本教育政策学会年報』第26号   181-187頁
恵那教育会議運動における地域単位の協同学習構想:1958年恵那教育会議アンケートを手がかりに 単著 2019年3月 首都大学東京大学院人文科学研究科教育学教室『教育科学研究』第33号   9-18頁
学生9条の会は学びながら、迷いながら 単著 2018年12月 『月刊社会教育』2019年1月号   31-34頁
石田和男教育著作集編集委員会編『石田和男教育著作集』第一巻-第四巻のうち石田和男年譜(第一巻収録) 共編著 2017年5月 花伝社『石田和男教育著作集 第一巻:生活綴方教育の出発』 石田和男教育著作集編集委員会(坂元忠芳、片岡洋子、佐藤隆、佐貫浩、田中孝彦、森田道雄、山沢智樹) 357-370頁、総頁数393、うち解説部67頁、うち担当部14頁
外部連携による教育実践の可能性と課題:東京都公立A小学校における取り組みに着目して 単著 2016年3月 首都大学東京大学院人文科学研究科教育学教室『教育科学研究』第30号   1-10頁
政府・文部科学省・中央諸団体の教育政策動向(内外の教育政策動向2014) 単著 2015年7月 『日本教育政策学会年報』第22号   174-180頁
恵那教育会議「めあて・規約」の制定過程の検討:恵那教育会議の機能・役割の解明に向けた基礎作業として(研究ノート 単著 2015年3月 首都大学東京大学院人文科学研究科教育学教室『教育科学研究』第29号   1-10頁
恵那教育会議研究における分析視点の検討(研究ノート) 単著 2012年3月 名古屋大学大学院教育発達科学研究科教育科学専攻『教育論叢』第55号   33-42頁
 

Ⅱ.教育活動

教育実践上の主な業績 年月日 概要
地域民主教育全国交流研究集会・千葉集会in柏 地域分科会 世話人・基調報告 2019年11月2-4日 当該集会の地域分科会において世話人として運営に携わると共に基調報告を行った。
第58回教育科学研究会全国大会(多摩大会) 11分科会(学校づくり) 世話人・基調報告 2019年8月10-12日 当該集会の11分科会(学校づくり)において世話人として運営に携わると共に「いま、学校づくりにかかわって考えたいこと:問題提起にかえて」と題して基調報告を行った。
教育方法の実践例 2019年4月~ 大学非常勤講師として担当授業において、学生同士でのグループディスカッション、ICTを用いての情報収集作業を取り入れている。また、受講者からの感想文の内容を全体へフィードバックしながら、受講学生との協議の中で講義内容を追加、調整をしている。
作成した教科書・教材 2019年4月~ 特定の教科書を使用せず、毎時、授業資料および参考資料を作成、配布して授業を行っている。受講生から寄せられた感想を受講者全体と共有しながら、問題意識に見合った授業進行を心がけている。
教育科学研究会 教育学部会 講演 2018年12月15日 教育科学研究会 教育学部会において「恵那地域における地域教育運動」と題して講演を行った。
大東文化大学大学院教育学専攻 特別講義 講演 2018年3月26日 大東文化大学大学院教育学専攻において「近年の『コンピテンシー』重視の教育政策は何を語っているか」と題した講演を行った。
第18回「開かれた学校づくり」全国交流集会in松本 第三分科会「開かれた学校づくりの研究交流」 講演 2017年9月18日 当該集会において「恵那の地域『教育会議』の研究」と題して講演を行った。
第17回「開かれた学校づくり」全国交流集会in東京 第二分科会「地域・学校と子どもの成長」 講演 2017年2月19日 当該集会において「辰野高校における実践到達点からの学生・院生の学び取り:大学におけるゼミ調査を通じて」と題した講演を当該調査活動に参加した学生と共同で行った。
多摩市教育活動支援職員(ピア・ティーチャー) 2015年9月-2017年3月 市内の公立小学校へ週1~2日程度、現場に入り、管理職および担当教員からの指示の下で以下のようなことに従事した。教室でのT.T.(ティーム・ティーチング)指導、配慮が必要な児童の観察および付き添い、教室に居られない児童の観察、付き添い。さらには、関連して始業前および終業後、夏季休業中の学習支援の機会でも、指導員として携わった。
仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602