Contents Menu

氏名 黒川 優子
所属 生活文化学科
職名 准教授
学位 博士(農学)
専門分野 食品衛生学、環境科学、魚類生理学
主な担当教科 食品衛生学、微生物学、食品衛生学実習Ⅰ・Ⅱ、地球環境学、環境学

研究題目

  • 身近な水域における化学物質のスクリーニングおよび水中細菌による分解
  • 魚類および甲殻類のふ化後の成長にともなう消化酵素活性の変化と日内変動
  • 食品衛生学の立場から見たマイクロプラスチック問題
  • 最近の農薬問題、とくにネオニコチノイド系殺虫剤について

最近の主な業績

Ⅰ.研究活動

著書・論文等の名称 単著・共著 発行又は発表の年月(西暦) 発行所、発表雑誌(及び巻、号数)等の名称 共著者名 掲載頁
(学術論文)
【査読あり論文】
(環境関係)
兵庫県の漁業者を対象に行った里海アンケート調査結果 共著 2013年11月 瀬戸内海環境保全協会,瀬戸内海,66 反田 實,
岡村武司
38-41
下水処理過程におけるエストロゲンの濃度変化と礫表面の生物膜によるエストロゲンの分解 共著 2008年1月 環境毒性学会,環境毒性学会誌,11 松岡須美子,
田中朋子,
児玉久美子,
江口さやか,
山本義和,
川合真一郎
11-19
(消化生理関係)
Changes in Digestive Enzyme Activities of Larval and Early Crab Stages of Red Frog Crab Ranina ranina with Growth 共著 2011年12月 日本水産増殖学会,Aquaculture Sci.,59 S. Kawai,
K. Yoseda,
K. Hamada,
M. Tanak
521-528
【査読なし論文】
魚料理に対する意識と食生活に関する研究―児童センターを利用する子どもを対象として― 共著 2020年2月 東北生活文化大学・東北生活文化大学短期大学部紀要No.50 伊藤常久,
益田裕司,
岡部美喜子,
斎藤実花,
大滝友美,
濟渡久美
5-10
最近の農薬問題、とくにネオニコチノイド系殺虫剤について 共著 2020年2月 東北生活文化大学・東北生活文化大学短期大学部紀要No.50 川合真一郎 47-56
魚料理に対する意識と食生活に関する研究―児童センターを利用する子どもを対象として― 共著 2019年2月 東北生活文化大学・東北生活文化大学短期大学部紀要No.49 伊藤常久,
益田裕司,
黒川優子,
佐藤麻菜実,
大滝友美,
濟渡久美
15-19
食品衛生学の立場から見たマイクロプラスチック問題 共著 2019年2月 東北生活文化大学・東北生活文化大学短期大学部紀要No.49 黒川優子,
川合真一郎
71-80
(学会発表)
(消化生理関係)
クロマグロの健苗育成技術開発研究Ⅲ―14
クロマグロの仔稚魚期における数種の酵素活性の日内変動と遺伝子発現量との関係
共同 2016年3月29日 平成28年度日本水産学会春季大会(東京海洋大学品川キャンパス) 川合真一郎,
松岡須美子,
森本佳奈,
張野宏也,
小林圭吾,
野知里優希,
近藤秀裕,
廣野育生,
伏見 浩,
神村祐司,
赤澤敦司,
佐藤哲哉,
斎藤 誠,
川本智彦,
鎮原正治,
古橋 洋,
小野寺 純,
伊藤 暁
 
クロマグロの健苗育成技術開発研究Ⅲ-10
クロマグロの仔稚魚期における健常魚と非健常魚の消化酵素の活性と遺伝子発現量との関係
共同 2015年3月29日 平成27年度日本水産学会春季大会(東京海洋大学品川キャンパス) 川合真一郎,
松岡須美子,
森本佳奈,
張野宏也,
小林圭吾,
近藤秀裕,
廣野育生,
伏見 浩,
神村祐司,
赤澤敦司,
佐藤哲哉,
斎藤 誠,
川本智彦,
鎮原正治,
古橋 洋,
小野寺 純,
伊藤 暁
 
クロマグロの健苗育成技術開発研究Ⅲ-3
クロマグロの仔稚魚期および沖出し後の若魚における消化酵素活性や肝機能の指標となる酵素活性の変化
共同 2014年3月28日 平成26年度日本水産学会春季大会(北海道大学函館キャンパス) 川合真一郎,
松岡須美子,
森本佳奈,
張野宏也,
伏見 浩,
神村祐司,
赤澤敦司,
佐藤哲哉,
斎藤 誠,
川本智彦,
鎮原正治,
古橋 洋,
小野寺 純,
伊藤 暁,
草野 孝
 
クロマグロの健苗育成技術開発研究Ⅱ-20
クロマグロの仔稚魚期および沖出し後の若魚における消化酵素活性の変化
共同 2013年3月29日 平成25年度日本水産学会春季大会(東京海洋大学品川キャンパス) 川合真一郎,
松岡須美子,
藤井あや,
森本佳奈,
張野宏也,
伏見 浩,
神村祐司,
赤澤敦司,
佐藤哲哉,
斎藤 誠,
川本智彦,
鎮原正治,
古橋 洋,
小野寺 純,
伊藤 暁,
草野 孝
 

Ⅱ.教育活動

教育実践上の主な業績 年月日 概要
魚食教育活動 2019年9月 東北生活文化大学短期大学部において、仙台市虹の丘児童センターと連携し、子どもたちの魚食教育活動の一環として、地域連携事業「さかな丸ごと食育プログラム」を短期大学部の教職員とともに実施した。プログラムは、「丸ごと1尾の魚を用いた調理および喫食」と「調理に用いた魚についての学習」の2部構成とした。
魚食教育活動 2018年6月 東北生活文化大学短期大学部において、仙台市虹の丘児童センターと連携し、子どもたちの魚食教育活動の一環として、地域連携事業「さかな丸ごと食育プログラム」を短期大学部の教職員とともに実施した。プログラムは、「魚料理作り」と「魚の食教育(魚介類の生態等についての学習)」の2部構成とした。
環境教育・栄養教育・食育 2013年4月~2015年3月 兵庫県水産技術センターの来館者(小学生、大学生および大学院生の実習、小学校教諭の研修など年間約6,000名)に魚介類を中心に「環境教育」・「栄養教育」・「食育」を行った。
仔稚魚の消化酵素活性測定法の実習指導 2011年10月 神戸女学院大学において、福山大学生命工学部海洋生物科学科の大学院生に「仔稚魚の消化酵素活性測定法」の実習指導を行った。
仔稚魚の消化酵素活性測定法の実習指導 2011年9月 神戸女学院大学において、近畿大学大学院農学研究科の大学院生に「仔稚魚の消化酵素活性測定法」の実習指導を行った。
チリメンモンスター教室の実習指導 2009年3月 神戸女学院大学において、「子どもサイエンス体験」の講義で、小学生と保護者に「チリメンモンスター教室」の実習指導を行った。
仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602