Contents Menu

在学生の声

学科の枠を越えたつながりが増え、毎日充実しています。

健康栄養学専攻3年
S.N さん (山形県/山辺高等学校出身)

入学を決めたキッカケは?

管理栄養士の受験資格はもとより、栄養教諭など、豊富な資格取得の機会があるところに魅力を感じました。オープンキャンパスに参加した際、先生方や先輩方がとても温かく迎えてくださり、安心感に包まれたことも大きな決め手でした。

健康栄養学専攻に入ってよかったこと

食や健康に関する広範な知識が学べることです。一人暮らしの生活にも本当に役立っています。授業や実習はどれも興味深いですが、なかでも食品加工学実習には力を入れて取り組んでいます。食品の製造過程について知ることができ、関心がふくらみます。

ある一日の内容

私のキャンパスライフ

キャンパスライフも目一杯楽しみたいと思い、フットサルサークルに入りました。活動を通して、横のつながりだけではなく先輩後輩や学科の枠を越えたつながりが増え、毎日充実しています。もちろん、一番重視しているのは食の専門家になること。同じ目標を持つ仲間との交流を深めながら、常に将来を視野に入れて勉強に励んでいます。

在学生インタビュー

知識・技術や人間性を磨くため、
調理技術の向上や専門分野の勉強に
真剣に取り組んでいます。

家政学科 健康栄養学専攻4年 M.K さん
宮城県/中新田高等学校出身

「栄養教諭になりたい」と、素直に思えた

以前から食に興味があり、栄養士や管理栄養士の資格取得を視野に入れ大学を探しました。健康栄養学専攻はそんな私の目標が実現できるだけでなく、少人数制によるきめ細やかな教育にも魅力を感じて、ここで学びたいと思い入学しました。大学での学びを通して感じたのは、栄養士の仕事の幅広さです。病院の食事管理や健康福祉分野、食品の研究開発、教育分野など、食の専門性を活かせる領域が多方面に広がっていることをあらためて実感しました。なかでも私がやりがいを覚えたのは、栄養教諭の仕事です。栄養教諭とは、主に小学校において給食を管理したり、児童たちに食育の指導を行い、将来健康に過ごすための自己管理能力を身につけさせる教員のことをいいます。学校栄養職員の給食・衛生管理業務以外にも、児童の栄養の指導や管理を担っています。私は大学の栄養教育実習に参加したことをきっかけに、子どもたちに食の知識を教えることの大切さや楽しさを知ることができました。この道に進みたいと、素直に思えたんです。教員として、そして本学の卒業生として恥ずかしくない知識・技術や人間性を磨くため、今は調理技術の向上に励むとともに、専門分野の勉強にも真剣に取り組んでいます。

管理栄養士に欠かせない聞く力・話す力が鍛えられた

健康栄養学専攻の魅力は、少人数制なので学生同士とても仲が良く、また先生との距離も近いので、疑問点等があってもいつでも気軽に相談できる環境があること。大学の先生ってもっと遠い存在のようにイメージしていたのですが、全然逆でした。そんな先生方に教えていただく授業も楽しいですね。とりわけ関心を持って臨んでいるのが地域栄養活動演習です。地域における健康・栄養・食生活に関する諸問題を把握し、その対策について考察します。グループ活動を通して協力して課題に取り組むことで、発言力やコミュニケーション能力を身につけることができます。管理栄養士には欠かせない聞く力・話す力が、毎回の演習活動でかなり鍛えられたように感じています。

多彩な臨地実習も大きな魅力です。私は小学校や病院、市町村保健センターでの臨地実習に参加し、現場で働く栄養士の方の仕事ぶりに大いに感銘を受けました。そして同時にプロとしての姿勢を学び、より一層栄養教諭への思いを深めることができました。みなさんも目標に向かって、悔いのない学生生活を過ごしてください。

仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602