Contents Menu

在学生の声

調理技術はもちろん、
給食のノウハウも学べるのが魅力。

食物栄養学専攻1年
Y.T さん (秋田県/大曲農業高等学校出身)

入学を決めたキッカケは?

大好きな調理で人の役に立ちたいと思ったのが食を志したきっかけ。本専攻への進学は、多くの資格が取得できることや、オープンキャンパスに参加した際の印象の良さが決め手になりました。少人数でアットホームな環境も、学びやすさにつながっています。

食物栄養学専攻に入ってよかったこと

調理の技術を身につけるだけではなく、給食の実践的なノウハウも学べることです。卒業後への自信も深められます。また、多様な地域から入学している同級生との交流も楽しいです。特産物や観光地などの話を聞いていると、遊びに行ってみたくなります。

ある一日の内容

私のキャンパスライフ

同じ食の分野をめざす仲間と会って、一緒に授業をがんばったり、休み時間におしゃべりに夢中になったり。そんな充実した毎日を過ごしています。おしゃべりの内容も、食に関する話題が中心になりますね。放課後は、バドミントンサークルで汗を流すのも楽しみの一つ。2年間という短い時間ですが、できることに全力投球していきたいです。

在学生インタビュー

専門性やコミュニケーション力を
しっかりと養うとともに、
人間的にも成長していきたい。

生活文化学科 食物栄養学専攻1年 C.K さん
山形県/天童高等学校出身

人の役に立つため、病院食を提供する仕事に

家族の入院をきっかけに、病院食がいかに栄養バランスやカロリーが計算された健康食であるかを知りました。同時に、必要なエネルギーの摂取だけでなく、少しでもおいしく、満足感を持ってもらうためにさまざまな工夫が盛り込まれていることにも感心しました。以前から「人の役に立ちたい」と考えていた私は、この経験を通して病院食を提供する仕事に就きたいと思うようになりました。

食物栄養学専攻を選んだのは、短期間で栄養士の資格が取得できることに加え、少人数制による質の高い学習環境や、学生一人ひとりが希望する進路に進めるようしっかりとサポートしていただける体制が整っていることに魅力を感じたからです。結論は、大正解でした。毎日朝から夕方まで授業や実習が入っていて忙しいけれど、目標に確実に近づいている手応えが何より嬉しい。先生方もとても熱心で、課題やレポートなどの添削時にも毎回ていねいなコメントやアドバイスをいただけるので、本当に力になります。同じ専攻の仲間もそれぞれの目標に向かって勉強をがんばっていて、話しているだけでパワーをもらえます。

講演会を通して卒業後のイメージが明確になった

どの授業にも真剣に臨んでいますが、なかでも現場で活躍されている管理栄養士の方々による講演会が印象的でした。私が志望する病院での勤務がどのようなものか知ることができ、卒業後のイメージがぐっと明確になりました。また、働く現場によって異なる知識やスキルが求められることなど、生の声ならではの内容は、周囲から信頼される栄養士像を考える上でとてもためになりました。他には、「楽しい!」と感じているのがテーブルコーディネートです。食事のテーマに沿って献立やシーンを設定することにより、五感を使って食事を楽しむことができ、食と色彩の関係を深く学ぶことができます。

将来は、専門性に加えコミュニケーション力を備えた栄養士になりたいと思っています。食事を提供するだけではなく、提供した食事が対象者に合っているかどうかを聞き出す力が重要になってくると考えています。2年間という限られた短大生活ですが、キャンパスの居心地の良さに甘えることなく、専門性やコミュニケーション力をしっかりと養うとともに、人間的にも成長していきたい。現場に出る日が、いまから楽しみです。

仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602