Contents Menu

目指す進路

幅広い分野で栄養士の活躍が求められています。

栄養士が求められる現場は幼稚園、小学校、中学校、病院、保育所、介護施設など実に多様です。
将来、栄養士の資格をフルに活かし、様々な分野で活躍できる人材をめざします。

将来のイメージ

子どもたちの成長と食教育に携わる給食分野

学校
小学校、中学校などで給食管理業務を行います。子どもたちの成長過程において適切な栄養価の食事を提供しながら、食教育の大切さも発信します。
保育所
保育所や児童施設で、子どもたちに調乳・離乳食から幼児食まで発達段階に応じた適切な食事や間食を提供します。また、食教育に関する行事に携わったり、必要に応じて保護者にアドバイスすることもあります。

病院食や介護食といったメディカル分野

病院
病院食は病気の治療・回復の基礎手段の一つ。患者それぞれに合わせた食事を提供し、臨床現場で重要な役割を担います。
介護施設
利用者個別に対応し、栄養面や食べやすさを重視した介護食や嚥下食に対応するため、知識と技術が求められます。高齢社会においてますます需要が増しています。

企業の社員食堂やスポーツ栄養などの分野

事業所
企業の社員食堂や工場、寮などで給食管理業務を行います。適切な栄養価はもちろん、味や食材も満足していただく献立が求められます。
その他
スポーツ栄養や在宅栄養指導、外食産業でのメニュー開発、料理研究家、フードコーディネーターなど、栄養士の活躍の場は広がっています。

私の就活ファイル

子どもたちの五感の刺激につながるような食育に取り組んでいきたい。

社会福祉法人クレッシェンド
かえで保育園
 内定
食物栄養学専攻2年
M.Mさん (宮城県/古川黎明高等学校出身)

  • 1年次 8月
    子どもの食に携わりたいという思いを実現できる就職先をイメージ。

    当初は編入を視野に入れていましたが、子どもの食に携わりたいという思いを持っていたこともあり、就職の可能性も考え資料等に目を通していました。また企業説明会にも積極的に参加し、思いを実現できる就職先をイメージしていきました。

  • 1年次 11月
    食育という大切な側面を担っていることにとても魅力を感じました。

    短大に保育園で栄養士をしておられる卒業生の方がいらして、お話を伺う機会がありました。食育という大切な側面を担っているその業務の内容に、あらためて魅力を感じました。この時から、就職に絞って活動を続けていきました。

  • 2年次 5月〜10月
    地元の保育園と給食会社に応募。学習の成果やゼミ活動をアピールしました。

    キャリアサポートセミナーで学んだ内容を参考に履歴書を記入したり、就職支援センターの方に面接練習をサポートしていただくなどして準備を進めました。応募したのは、地元の保育園と給食会社。面接では学習の成果やゼミ活動をアピールしました。

  • 2年次 11月
    入社後は実務経験を積んで、管理栄養士の資格を取得したいと思っています。

    内定先が決まったのは11月。実家から徒歩5分の距離で、以前から知っている保育園です。短大での学びを活かし、子どもたちの五感の刺激につながるような食育に取り組んでいくとともに、実務経験を積んで管理栄養士の資格を取得したいと思っています。

OG・OBメッセージ

夢を叶えて病院で調理を担当。
患者さまのお役に立っているという思いがやりがい。

独立行政法人 国立病院機構 宮城病院 勤務
M.K さん
食物栄養学専攻 平成27年度卒業 (宮城県/白石工業高等学校出身)

「栄養士の資格を取得して、病院で調理の仕事がしたい」という夢を実現するために選んだ食物栄養学専攻。念願叶い、現在は病院に勤務し、嚥下食のソフト食や副菜、主菜等の調理に携わっています。調理は時間との勝負ですので、上手にできる日もあれば、もう少し改善する余地があると感じる日もあります。ただどんなときも、私たちのご提供する食が患者さまのお役に立っているという思いがやりがいになっています。衛生管理、食材ごとの栄養素など、今も仕事を進める際には、学生時代に学んだことを再確認する毎日です。


子どもたちの「おいしかったー!」がやりがい。
管理栄養士をめざして、さらに学び続けたい。

三矢会 果樹園の森保育園 勤務
K.H さん
食物栄養学専攻 平成27年度卒業 (宮城県/米谷工業高等学校出身)

保育園で栄養士をしています。厨房での調理や献立づくり、子どもたちと行事食をつくる食育活動などを行っています。子どもたちが「おいしかったー!」と喜んで食べてくれると、やりがいを感じます。その基礎になっているのは、短大で学んだ基礎的な栄養学や調理実習、その他の科目で得た知識や技術とチームワークです。特に私は作ることが大好きなので、毎回おいしい料理が食べられる調理実習が楽しみでした。今後の目標は、管理栄養士になること。さらに自信をつけて、子どもたちの成長をサポートしていきたいです。

卒業後の進路へ向けた取り組み

Support01. 将来へ向けて実力をアップ!「資格取得」への取り組み

食物栄養学専攻では、理想の進路を実現するために、資格取得へ向けた教育を充実させています。所定の単位数を修得することで卒業時に得られる資格のほか、個人で自由に挑戦できる様々な資格があります。専門分野の知識や理解を深め、社会人・職業としてもスキルアップできるよう取り組んでいます。

Support02. 管理栄養士を目指して 4年制大学への編入学をサポート

管理栄養士へのステップアップには、栄養士として実務経験(4年)を積むか、4年制大学の管理栄養士養成課程へ編入学するか、いずれかの進路から管理栄養士の国家試験受験資格を得る必要があります。更なる高度な専門技術、知識の習得を目指して、編入学や進学を希望する学生をサポートします。

仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602