Contents Menu

在学生の声

大好きな服作りに没頭しながら、家庭科の先生をめざしています。

服飾文化専攻3年
S.S さん (福島県/湯本高等学校出身)

入学を決めたキッカケは?

家庭科の先生になるという夢を叶えるために入学しました。教員免許が取得できることに加え、アットホームな雰囲気や少人数制指導が自分に合っていると思いました。確実に目標を達成できるように、教員採用試験の勉強などをがんばっています。

服飾文化専攻に入ってよかったこと

大好きな服作りに没頭できることです。いつも何気なく着ている服ですが、サイズや布地、縫製、デザインなどすべて計算され作られています。そのことを理解した上で、自分の手で作ることができるのは本当に貴重な経験。1着でも多くの服を作りたいです。

ある一日の内容

私のキャンパスライフ

大学祭で実行委員長を務めました。みんなをまとめることの大変さはありましたが、同じ目的に向かって何かを成し遂げる経験はとても貴重で、また自分自身の成長にもつながるので、本当にやってよかったと思っています。大学生活はいろいろな意味で自由です。やろうと思えば何でもできます。みなさんも4年間を存分に満喫してください。

在学生インタビュー

明るく楽しく熱い仲間たち、
親身にサポートしてくださる先生方は
かけがえのない宝物。

家政学科 服飾文化専攻3年 C.A さん
山形県/日本大学山形高等学校出身

自分が着たい洋服を、自分の手で作りたい

洋服が好きで、オシャレすることも大好き。高校は制服だったので、日頃からいろいろな雑誌を見てコーディネートをあれこれイメージしてみたり、休日に仙台のショップで洋服を買ったりしていました。そんな私が服飾文化専攻に興味を持ったのは、自然な流れでした。自分が着たい洋服を、自分の手で作ってみたいと思ったんです。専門学校という選択肢もありましたが、服作りの技術だけではなく、繊維や染料に関する専門知識、服作りの歴史など、本当に深いところまで学べるのは4年制大学ならでは。また伝統があり、多くの卒業生の方々が多彩な分野で活躍していらっしゃることも魅力でした。高感度なショップがたくさん集まる仙台にも興味があったことから、東北生活文化大学に入学しました。

どの講義も楽しいですが、実験系の実習で得られるおもしろさは格別。実際に染料を使って布を染めたり、デニムにダメージ加工を施したり、加えてそれらがどのような化学的なプロセスを経ているのかを理解したり、毎回ファッションの奥深さを実感しています。3年次の課題研究では、縦型洗濯機とドラム式洗濯機の洗浄方式による洗浄力と機械力について研究しました。私にとってはむずかしいテーマでしたが、とても多くの知見が得られました。

みんなに出会えて、本当によかった

入学時から真剣に取り組んでいるのが、大学祭や外部公演で行われるファッションショーです。1年次はスタッフとして、2年次以降はモデルとして参加しています。毎回、白紙の状態から学生だけで作り上げていくので、スムーズに進まないこともしばしば。夏休み返上で練習したり、時にはスタッフ同士で意見が衝突することも。でも、「絶対に成功させよう!」という共通の想いがあるから、そして本番を終えたときの大きな感動と達成感があるから、がんばれるんですよね。明るく楽しく熱い仲間たち、そしてそんな私たちをいつも親身にサポートしてくださる先生方は、私のかけがえのない宝物。みんなに出会えて、本当によかった。このチームワークの良さを、声を大にして自慢したいです。

高校時代はファッション業界を夢見ていましたが、今は化粧品を扱う企業の美容部員をめざしています。お客様に合ったメイクを提案できる力を高めるため、色彩検定も取得しました。1日も早く周囲から信頼されるスタッフになれるよう、これからも自分を磨く努力を怠らず前進し続けていきたいです。

仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602