Contents Menu

先生×学生 TALK

自然環境を活かして感性豊かな保育者に

山﨑敦子准教授 × Y.K さん(1年) (岩手県/一関修紅高等学校出身)

 

先生

いつも一番前の席で、大きな瞳を輝かせて授業を聞いているKさん。とても熱心な学生さんだと感じています。

学生

山﨑先生は、話しかけやすくて、授業もわかりやすくて、大好きな先生です。子ども生活専攻は、先生との距離が近く、実践的な授業が多いですよね。

先生

短大附属のますみ幼稚園・保育園をはじめ、ボランティア活動をできる場も豊富ですね。私は初めてこの学校に来た時、自然が豊かで感性がやしなわれる環境だなと思いました

学生

近くの大きな公園で木の実を拾ったり、自然を観察したりする「環境」の授業、楽しかったです。

先生

保育の現場は“季節感”を大切にします。季節の変わり目に気づく心、道の草花に興味をもつ心は、学生のうちから磨くことが大事ですよね。

学生

私も自然や季節を大切にする幼稚園に勤めたいと思っています。

先生

学びを深めて素敵な保育者になってね。


先生

Kさんは岩手出身ですよね。行きたい幼稚園は決まっていますか?

学生

実は夏休みの間に、自分で調べて、東京の幼稚園に見学に行ってきました。

先生

東京の幼稚園に?それはすごいですね。初めて聞きました。

学生

待機児童の多い都心部で、自然とふれあうことを大切にしている幼稚園はないかなと思って、調べているうちに出てきた園なんです。園長先生ともお話させていただいて、ここで自分も成長したいなと感じました。

先生

1年生のうちから自主的に見学にいく学生は本当に珍しいこと。行動力が素晴らしいですね。保育園ではなく幼稚園がいいという理由は?

学生

幼稚園は担任制度がありますよね。若いうちに担任を持ってみたいという気持ちがあって。

先生

そうなんですね。心から応援しています。

学生

ありがとうございます。2年生になると宮城県内の保育園や幼稚園での実習もあるので、そちらもしっかり見学して、決めたいなと思います。

先生

高校生の時からだったんですね。それは知らなかった。今日は初めて聞くことが多くてびっくりしました。Kさんの意外な一面が知れてうれしかったです。

学生

こちらこそ、ありがとうございます。

先生

保育者は、体力が必要な仕事です。その上で、「笑顔」「元気」「感性」の3つが大事です。Kさんは素敵な保育者になると思います。とても楽しみです。

学生

これからも毎日の授業を一所懸命聞いて、がんばります。ありがとうございました。

仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602