Contents Menu

在学生の声

練習成果をみんなの前で
披露する日が待ち遠しいです。

子ども生活専攻1年
Y.S さん (宮城県/宮城広瀬高等学校出身)

入学を決めたキッカケは?

子どもにはもちろん、保護者の方にも頼りにされる幼稚園教諭になることが私の夢。本学のオープンキャンパスに参加した際、模擬授業の内容や先輩方の雰囲気、少人数制で一人ひとりに行き届いた教育が行われていることに惹かれ入学を決めました。

子ども生活専攻に入ってよかったこと

1 年次から実習があるなど、授業が充実していることです。夢に向かって前進している実感があり、ワクワクしながら学んでいます。なかでも一番興味を持って取り組んでいるのがエプロンシアターとピアノ演奏。子どもたちの前で披露する日が待ち遠しいです。

ある一日の内容

私のキャンパスライフ

毎日はあっという間に過ぎていきます。だからこそ1日1日を大切に、授業や実習に真剣に取り組んでいます。楽しみは、同じ目標に向かってがんばっている同級生とのおしゃべり。実習ではこうしたいとか、こんな先生になりたいとか、熱くトークすることもしばしばです。先輩方とも仲が良く、いろいろなアドバイスをいただいています。

在学生インタビュー

大好きな子どもたちの
健やかな成長に貢献したい。
その想いをかなえるために。

生活文化学科 子ども生活専攻2年 A.M さん
宮城県/東北生活文化大学高等学校出身

子どもたちの前で披露したい気持ちに駆られる

「子どもが好き」という漠然とした想いに知識と技術をプラスして、1日も早く周囲から信頼される保育士になりたい。そのために選んだのが子ども生活専攻です。保育士資格と幼稚園教諭二種免許状が取得できることはもちろんですが、それ以上に魅力的に感じられたのが、少人数制によるきめ細やかな教育と、附属幼稚園・保育園での充実した実習。活躍されている多くの卒業生の方々のように、私も子ども生活専攻で学んで実力を磨き、大好きな子どもたちの健やかな成長に貢献したいと思ったんです。

実際に講義を受けるようになって、高校での学びとはまた違うおもしろさを感じています。たとえば、ただ教養の講義を聴いて覚えるだけではなく、グループワークなどの演習も行っていくことで考える力を養ったり、他の学生の意見にふれることで新しい発見につながったり、毎回刺激があります。またエプロンシアターやパネルシアターなどの技術を学ぶ際にも、先生が一つ一つていねいに指導してくださり、確実に習得することができます。自信が深まるので、早く子どもたちの前で披露したい気持ちに駆られるんですよね。

みんなとの絆が深まった三島レンジャー

私が今いちばん興味を持って取り組んでいるのがギターとピアノです。ピアノは、子どもたちと一緒に歌ったり歌唱指導を行う際に必要になるものなので、ミスなく演奏できるよう練習を重ねています。また、特にアップライトピアノを弾く際は子どもたちの表情が見えにくいことも多いことに加え、どうしても座ったままになるので、そういったときにギターが弾けるといいなと思い、一所懸命練習しています。

子ども生活専攻の良さは、先輩後輩の仲が良く、みんなが明るく前向きにがんばっているところ。なかでも印象的なのが、大学祭で発表した三島レンジャーという劇です。子どもたちに何を見せるべきかみんなで真剣に考え、時間をかけて練習し本番に臨みました。大変でしたが、みんなとの絆もさらに深まりましたし、自分自身成長できたように思います。先生方にも本当に感謝しています。ここまで親身に指導していただけたら、あとはもう伸びるしかないという感じです。めざすのは、確かな専門性を備えた質の高い保育士。子どもの発達段階を理解し、どのようにすれば子どもたち自身が考える力を身につけられるのか、協調性を養うことができるのかを自らのテーマとして、これからも努力を重ねていくつもりです。

仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602