Contents Menu

在学生の声

夢は漫画家。
創作意欲がかきたてられる毎日です。

生活美術学科3年
N.N さん (岩手県/北上翔南高等学校出身)

入学を決めたキッカケは?

私の将来の夢は、漫画家になること。自己流で漫画家になる人も少なくありませんが、きちんとした基礎や技術を身につけたいと考え、本学科を選択しました。幅広く美術を学べることに加え、マンガの授業も開講されていることに大きな魅力を感じました。

生活美術学科に入ってよかったこと

何事も基礎が重要であることを理解できたのは良かったです。美術を志す仲間が周囲にいることも、創作意欲をかきたててくれます。自分では気がつかなかった視点や考えが得られることも頻繁にあります。毎日のように可能性の広がりを感じています。

ある一日の内容

私のキャンパスライフ

寸暇を惜しんで作品制作に打ち込んでいます。とにかく作品を制作することが楽しいんです。アイディアに悩んだり、定着に納得がいかない時も、先生方の親身なサポートがいつも力になります。そんななかでも、2年次の美術鑑賞旅行は印象深い思い出。京都や奈良を巡り、とても良いインスピレーションを得ることができました。

在学生インタビュー

大学生活でのさまざまな学びや
人との出会いを通して、
必ず目標が見えてくるはずです。

生活美術学科3年 J.A さん
福島県/尚志高等学校出身

大好きな美術が、ますます好きになれた

美術と一口に言っても、いろいろなジャンルがありますし、そのなかで何が自分に向いているのか、自分を最もイキイキと表現する手法は何なのかつかめていない人も、決して少なくないと思うんです。僕自身がそうでした。その点、生活美術学科は1・2年次に幅広い領域が学べるので、その時期に自然と自分が好きなジャンルや、自分に向いている手法等を見つけられるのが良いなと思いました。美術が好きという気持ちを、将来の仕事と結びつけられる手応えを求めて、生活美術学科を受験したのです。

実際に入学して感じたのは、学びの環境の良さです。幅広い領域を学べることはもちろんですが、周囲を見渡せば個性豊かなクラスメートばかりで、日頃の何気ない会話のなかにも発想のヒントになるものを発見したり、絵画の色づかいに影響を受けたり、毎日本当に刺激的で楽しい。加えて先生方も個性的でおもしろく、学生のことを一番に考えてくださって、授業のことや将来のことなど何でも相談しやすいんです。この学科を選んだからこそ、大好きな美術がますます好きになれたし、将来への自信も深められていると思います。

自分だけの“色”を徐々に形にする魅力

生活美術学科の多彩な学びを通して、僕自身の軸も見えてきています。3年次以降、特に力を入れて取り組んでいるのが日本画です。授業でも学んでいますが、ゼミとしても活動しており、毎年開催している日本画ゼミ展に向けて日々、自身の作品と向き合っています。日本画は、絵の具を一色一色、自分で作るのが大きな特色。岩絵の具や墨を絵皿に取り、ニカワを入れて練り混ぜ、さらに水を入れて練り混ぜます。この調合の仕方も、制作者の個性が表れる部分です。こうして作った自分だけの“色”を、最初にイメージした構図に少しずつのせていく。手間はかかりますが、徐々に形になっていくところに私は魅力を感じています。

将来の目標は、生活美術学科で培った知識・技術を活かせる仕事に就くこと。博物館や美術館で働く学芸員資格の取得にも力を入れていますが、美術を専門的に学んだ者として、とりわけ絵画の技術を活かせたらと考えています。高校生の頃は自分が何をしたいか迷っている人も多いと思いますが、大学生活でのさまざまな学びや人との出会いを通して、必ず目標が見えてくるはずです。

仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602