Contents Menu

カリキュラム

深く追求したい分野を見つけ、コース選択へ。

1年次は各分野の基本的な技法や制作理論について学び、2年次は深く追求したい分野を選択、独自の芸術観を獲得することを目指し、3年次から4つの専門コースに分かれ、専門性を更に深めます。創作力を養いながら、「広く、しかも深く」をめざせる多様なカリキュラムを設置しています。

カリキュラムチャート
[pdf:126kb]

1年次

専門分野の学習に必要な基礎教育科目について学ぶ

学部共通教養科目
  • 化学Ⅰ・Ⅱ
  • 有機化学Ⅰ
  • 生物学Ⅰ・Ⅱ
  • 統計学
  • 数学
  • 経済学Ⅰ・Ⅱ
  • 社会学Ⅰ・Ⅱ
  • 歴史Ⅰ・Ⅱ
  • 日本国憲法
  • 法学概説
  • 哲学Ⅰ・Ⅱ
  • 心理学Ⅰ・Ⅱ
  • 美術史Ⅰ・Ⅱ
  • 生活文化論
  • 英語Ⅰ・Ⅱ
  • 英会話Ⅰ・Ⅱ
  • 仏語Ⅰ・Ⅱ
  • 中国語Ⅰ・Ⅱ
  • 日本語基礎
  • 国語表現法
  • スポーツ身体科学
  • スポーツ
  • 武道
  • スタディスキルズ
  • ライフデザイン
家政学部基幹科目
  • 家政学原論
  • 家族関係学
  • 家庭経営学(家庭経済学を含む)
生活美術学科 専攻科目
  • 絵画基礎Ⅰ・Ⅱ
  • 彫刻基礎Ⅰ・Ⅱ
  • 工芸基礎Ⅰ・Ⅱ
  • デザイン基礎・平面Ⅰ・Ⅱ
  • デザイン基礎・立体Ⅰ・Ⅱ
  • 色彩学Ⅰ
  • 生活美術特別講義Ⅰ・Ⅱ
  • 情報設計概論Ⅰ・Ⅱ
教員・学芸員を目指した科目
  • 教職概論
  • 生涯学習概論
  • 博物館概論
  • 博物館教育論

彫刻基礎Ⅱ

彫刻の基本的造形要素を学び、複雑で微妙な人体の生命力を表現できるスキルを身につけます。また、宮城県芸術協会彫刻展等を鑑賞し、様々な彫刻表現にふれて、素材と表現の関係について学びます。

2年次

将来の目標を見据え各分野の専攻科目を学ぶ

学部共通教養科目
  • 有機化学Ⅱ
  • 地球環境学Ⅰ・Ⅱ
  • 情報基礎学
  • キャリア開発Ⅰ・Ⅱ
生活美術学科 専攻科目
  • 洋画Ⅰ・Ⅱ
  • 日本画Ⅰ・Ⅱ
  • 版画Ⅰ・Ⅱ
  • 壁画Ⅰ・Ⅱ
  • 彫刻Ⅰ・Ⅱ
  • 木工Ⅰ・Ⅱ
  • 陶芸Ⅰ・Ⅱ
  • 漆芸Ⅰ・Ⅱ
  • 染織Ⅰ・Ⅱ
  • 視覚デザインⅠ・Ⅱ
  • 情報デザインⅠ・Ⅱ
  • インテリアデザインⅠ・Ⅱ
  • 生活美術概論Ⅰ・Ⅱ
  • デザイン概論
  • 美学Ⅰ・Ⅱ
  • 美術鑑賞Ⅰ・Ⅱ
  • 色彩学Ⅱ
  • グラスアートⅠ・Ⅱ
  • 人形Ⅰ・Ⅱ
  • マンガⅠ・Ⅱ
  • 製図Ⅰ・Ⅱ
  • 生活美術特別講義Ⅲ・Ⅳ
教員・学芸員を目指した科目
  • 教育原理
  • 教育心理学
  • 教育課程論
  • 特別活動の研究
  • 教育方法論
  • 博物館資料論
  • 博物館資料保存論
  • 博物館情報・メディア論

洋画Ⅱ

洋画という幅広いジャンルのなかから、自分に合う技法を身につけ、個々の絵画表現の確立をめざします。石膏デッサン・静物着彩・構想表現のなかから一つを選択し、各自の課題に沿って制作します。

3年次

各コースに分かれ、専門性をさらに深める

学部共通教養科目
  • キャリアサポートⅠ
生活美術学科 専攻科目
アートな職人コース
  • 木工Ⅲ
  • 陶芸Ⅲ
  • 漆芸Ⅲ
  • 染織Ⅲ
  • 技法研究Ⅰ・Ⅱ ほか
アーティストコース
  • 洋画Ⅲ
  • 日本画Ⅲ
  • 版画Ⅲ
  • 壁画Ⅲ
  • 彫刻Ⅲ
  • グラスアートⅢ
  • 人形Ⅲ
  • マンガⅢ
  • 技法研究Ⅰ・Ⅱ ほか
アートインストラクターコース
  • 美術教諭試験対策講座Ⅰ
  • アート支援Ⅰ・Ⅱ ほか
デザイナーコース
  • 視覚デザインⅢ
  • マンガⅢ
  • 技法研究Ⅰ・Ⅱ ほか
  • 人形Ⅲ
  • 生活美術特別講義Ⅴ・Ⅵ
生活美術学科 関連科目
  • 図学Ⅰ・Ⅱ
  • 写真Ⅰ・Ⅱ
教員・学芸員を目指した科目
  • 教育制度論
  • 美術科教育法Ⅰ
  • 工芸科教育法
  • 道徳教育の研究
  • 生徒指導の理論と方法A
  • 教育相談
  • 博物館経営論
  • 博物館展示論
  • 博物館実習Ⅰ(学内・見学実習を含む)
  • 美術教諭試験対策講座Ⅰ

技法研究Ⅱ(染織)

1~3年次までに習得した染織技法から、卒業制作に向けて自分の表現に合ったものを選択し、研究します。自分のイメージを的確に表現できる技法を設定し、試作を踏まえ本制作を行います。

4年次

専門授業の集大成として卒業研究に取り組む

学部共通教養科目
  • キャリアサポートⅡ
生活美術学科 専攻科目
  • 卒業研究Ⅰ・Ⅱ
  • 卒業研究特別講義Ⅰ・Ⅱ
教員・学芸員を目指した科目
  • 美術科教育法Ⅱ
  • 教育実習Ⅰ・Ⅱ
  • 教職実践演習(中・高)
  • 博物館実習Ⅱ(館園実習事前事後指導を含む)
  • 美術教諭試験対策講座Ⅱ

卒業制作Ⅰ・Ⅱ

綿密な年間計画と確かな制作意図のもと、調査や素材研究を行い、4年間で習得した知識、技法を用いて、自分自身が納得する作品を制作。完成した作品は学外のパブリックな空間で発表します。

授業風景

絵画基礎


人物や静物のデッサン、着彩など、生活美術学科の全てのジャンルの基礎となる位置づけです。

彫刻基礎


粘土や石材を使った立体的な物の見方を追求します。

陶芸


粘土、釉薬の特性を活かし、様々な制作方法を学びます。

版画


銅版画、リトグラフ、シルクスクリーン等を主に学びます。

グラスアート


酸素バーナーワークの基礎を習得し、自由かつ安全に制作できるよう学びます。

漆芸


木地漆や乾燥で用途品を主に手掛けます。

人形


関節が球状の可動式人形の制作演習。

染織


木綿、麻、毛等の糸を機織で織って布を作ります。

マンガ


マンガとそれを取り巻くコンテンツ、社会とのかかわりを考え、制作します。

仙台市泉区虹の丘一丁目18番地の2
022-272-7511 022-301-5602