「第20回T家の恐るべき子どもたち展」開催決定!

2019年10月11日(金)~16日(水)
せんだいメディアテーク6階ギャラリーa

 

 

出品希望の方へ

 昨年11月に開催された第19回T展は、32名の卒業生が出品し、725名の来場者にお越しいただきました。盛会のうちに無事終了できたことを事務局としてお礼申し上げます。

 さて、「第20回T家の恐るべき子どもたち展」のご案内です。記念すべき20回展ということで、3年ぶりにせんだいメディアテーク6階のギャラリーを予約しました。

 なお、事務局の意向としましては、今年の20回展をもちまして、しばらくT展の活動を休止しようと考えております。

 平成9年に第1回展を開催し、区切りのよい10回展の際にも、同様の話が出ておりましたが、そこから10回継続して参りました。19回展の際、出品者にはお伝えましたが、やはり「継続希望」の声も頂戴しており、そのうち、復活するなり、会場の変更・規模の縮小など形を変えたりして、開催できる日が来れば幸いです。

 そこで、T展の歴史を振り返る意味でも、この20回展は、多くの卒業生に奮ってご参加いただきたくご案内申し上げます。

 出品希望の方は、下記の「出品要項」をお読みいただき、「出品フォーム」よりお申し込みください。

 

出品要項(PDF)

 

15th 16th 小作品展 17th 18th 19th 21th
8th 9th 10th 11th 12th 13th 14th
1st 2nd 3rd 4th 5th 6th 7th

 

 本展は、東北生活文化大学(旧三島学園女子大学)生活美術学科の卒業生ならびに教員によって開催されるファインアート・工芸のグループ展です。この展覧会名にはそこに集い学んだ人たちという意味が込められ、大学改名10周年を機に第1回展を開催しました。

 「T家」は、「東北生活文化大学生活美術学科」を一つの家、または家族として捉え、「恐るべき子どもたち」は、フランスの詩人ジャン・コクトーが執筆した中編小説のタイトルから拝借しました。

 本展は、「東北生活文化大学生活美術学科」を卒業した「T家」の子どもたちが、それぞれの道を歩みながらも、大学時代に培われた才能を絵画・彫刻・工芸等の多彩なジャンルで惜しみなく発揮させる場でもあり、学年を超えて相互の創作活動を奨励し、生活美術学科の歩みを確認しようとする試みでもあります。

T展事務局
 
T展事務局

T展に関するご質問・ご意見等や出品要項の送付希望は…

〒981-8585 仙台市泉区虹の丘1-18-2
東北生活文化大学  生活美術学科内 T展事務局
TEL:022-272-7511(代) / FAX:022-301-5602
E-mail:t.ten@mishima.ac.jp