短期大学部学科紹介

食物栄養学専攻

1.教育内容と特色

食空間の演出や多様な栄養情報の知識と処理を身につけ、
栄養とおいしさ、安全の追及はもちろん、食に関するあらゆるシーンで活躍できる人材を養成します。

1.栄養士免許に加え、食関連の資格取得を目指す

「食」と「健康」に注目が集まっている現在、栄養士として充実した職務を遂行するために、食空間の演出や能率的な栄養情報の利活用術を身につけることも大切なポイントとなります。そこで本学では栄養士の資格取得はもちろん、栄養士実力認定試験の受験や、フードコーディネーター・食生活アドバイザー・情報処理士などの関連資格取得も目指します。

2.充実した調理実習を実施

給食管理の現場は多くの人が関わって成り立っています。提供にあたって、調理師に指示を出すことも多い栄養士は、知識と理論、さらには実践経験が欠かせません。そのため、調理実習室では一人一人が作業密度の濃い実習が実施できるような環境を整備し、調理技術の向上を目指します。

3.経験豊富な講師陣が、現場別の知識を指導

実習や演習等の授業を担当するのは、管理栄養士としての実績を持つ講師陣。現場で培った経験をもとに、実際の現場で求められる生きた知識・技術を教えていきます。実習での指導に加え、現場での経験談など、生の声を届けられることもメリットです。また、保育所、学校、介護施設、病院、事業所など、働く現場によって異なる知識や技術もしっかりと指導。校外授業として各施設への見学・訪問を導入し、現場の臨場感を体感します。